【2022年12月】WordPress対応のおすすめレンタルサーバー徹底比較!- 初心者向け –

WordPressにおすすめレンタルサーバー【初心者向け】

WordPressを自分で運営したいとなると、まずはドメインレンタルサーバー(サーバー&データベース)が必要となります。 これからWordpressを始める初心者の方は、レンタルサーバーを選ぶ時に費用・表示速度・サーバー環境を考慮して選定することと思います。 今回はこういったポイントを押さえ、格安(1,000円以下)で利用できるレンタルサーバーから、アフィリエイター(収益化したい方)向けのハイスペックなレンタルサーバーまでレンタルサーバーの比較と、レンタルサーバーを選ぶポイントなどを紹介します。

レンタルサーバーでは、無料で利用できるお試し期間を設けてあるサービスもありますので、お試し期間内に管理画面の使いやすさ、表示速度などを試してみるのも一つの方法です。レンタルサーバーと選ぶ際の参考にしてみてください。

※この情報は2022年12月現在の情報です。最新の情報は各レンタルサーバー業者ホームページにて確認してください。





レンタルサーバーとは?



レンタルサーバーとは、自分のホームページやWordpressなどをインターネットに公開したいときに、レンタル(借りる)するサーバーのことです。
「サーバー=土地」「ドメイン=住所」「ホームページ=家」とよく例えられますが、まずは土地をレンタル(借りる)するところから始めます。レンタルサーバーは基本的に物理サーバー(共用サーバー・専用サーバー)と、仮想サーバー(クラウドサーバー・VPS)があります。

共用サーバー 複数のユーザーでサーバーを共有するタイプ。個人や小規模サイトなどで利用されることが多い。
専用サーバー サーバー1台を専有するタイプ。ビジネスや大規模サイト、高度なセキュリティを求める時に利用されることが多い。
クラウドサーバー 複数台あるサーバーのリソースを使用し仮想サーバーを構築するタイプ。
VPS 共有サーバーでありながら仮想的に専用サーバーのような環境を構築できるタイプ。サーバー管理の知識が必要になるので初心者には不向き。

ドメイン(住所)についてはお名前.comなどのドメインレジストラで、別途契約しないといけませんが、レンタルサーバー契約時にドメインをプレゼントしてくれるサービスもあります。サーバーとドメインの準備が出来たらホームページ=家をWordpressで構築しましょう。

関連記事

ドメイン取得におすすめのサービスと取得のポイント

ホームページ・Webサイトを立ち上げる際に必要となる独自ドメイン取得のポイントと、おすすめのドメイン取得サービスを紹介します。

design.webclips.jp/domain-search/

レンタルサーバーは無料サーバーから個人・法人向けサーバーまで様々ありますが、ブロガーやアフィリエイターなど、個人で利用するレンタルサーバーは月額1,000円程度で運用できる共用サーバーが人気です。

今回は、老舗レンタルサーバーのエックスサーバー ロリポップ! さくらのレンタルサーバ から、後発ながら人気の高いConoHa WING カラフルボックス mixhost など10サービスを紹介・比較します。



WordPressとは?



WordPress(ワードプレス)は、ブログやホームページの作成ができるCMS(Contents Management System)です。WordPressをサーバーにインストールすることによって、HTML・CSSなどの知識がなくても比較的容易にホームページ・ブログを作成することができます。なにより無料で使用することができるので、ブロガーにとっては必須といっていいソフトウェアです。WordPressでのブログ・ホームページ作成について簡単に説明するとWordPressにはテーマとプラグインという機能があり「テーマ=サイトデザイン」「プラグイン=機能」の役割となっています。自分のサイトに最適なテーマ・プラグインを選択していくことで自分好みのブログ・ホームページを構築していくことがでる訳です。

関連記事

WordPressの使い方を分かりやすく解説 -初心者向け-

WordPressのインストールから投稿までの流れや設定方法を初心者の方でも分かるように解説します。

design.webclips.jp/wordpress-how-to-use/


WordPressテーマ

無料・有料と様々なデザイン・レイアウトのテーマがあります。テーマはWordPress管理画面や公式のWordPressテーマから検索することができます。日本で開発されたSEOに強いテーマもあり、無料テーマではCocoon。有料テーマではTHE・THOR(ザ・トール)や、AFFINGER6あたりが人気です。

関連記事

WordPressのおすすめテーマ(無料版/有料版)

これからWordPressをはじめる初心者におすすめのWordPressの日本語テーマを無料版・有料版と厳選して紹介します。

design.webclips.jp/wordpress-theme/


WordPressプラグイン

お問い合わせフォーム・絞り込み検索など、様々な機能追加ができる55,000個以上のプラグインが無料で利用できます。プラグインはWordPress管理画面や公式のWordPressプラグインから検索することができます。便利なプラグインは色々使いたいところですが、プラグインを多用するとページの表示速度が遅くなることもあるので注意が必要です。

関連記事

導入しておきたいWordPressのおすすめプラグイン

55,000個以上と膨大な数のプラグインの中から、WordPressに導入しておきたいプラグインをカテゴリーを分けて紹介します。

design.webclips.jp/wordpress-plugins/




WordPress対応のレンタルサーバー


現在はWordPressをインストールすること前提にレンタルサーバーを提供している会社がほとんどです。今回は表示速度やその他機能のバランスが良く、初心者でも簡単にWordPressをインストールできる機能を備えたレンタルサーバーを紹介します。


1

エックスサーバー

エックスサーバー(X10プラン)

転送量目安:無制限お試し期間:10日間無料独自SSL

初期費用:無料 月額:990円(税別)~

エックスサーバーは、エックスサーバー株式会社が提供するレンタルサーバーサービスです。2003年にサービス開始以降、220万以上のサイト運用実績があり、創業以来99.99%以上の稼働率と安定したレンタルサーバーとして定評があります。Wordpressの簡単インストール機能もあるので、初心者でも比較的簡単にWordpressでのブログをはじめることができます。お得なキャンペーンも頻繁に行ってますのでエックスサーバー公式サイトをチェックしてみてください。

選ばれるポイント!

  1. 超高速環境「KUSANAGI」技術を導入
  2. 超速サーバー環境で大量アクセスにも強い
  3. サイト運営に便利な充実機能
  4. 安心・安全な運用実績と充実のサポート体制
Xサーバー ( スタンダードプラン )
初期費用 無料
月額費用(12ヶ月) 1,100円
月額費用(36ヶ月) 990円
プラン変更
可能(月単位)
無料独自ドメイン
ディスクサイズ 300GB
マルチドメイン 無制限
MySQL
無制限
WordPress移行機能
自動バックアップ
2022年8月4日付けで、エックスサーバー全プランの初期費用が廃止となり無料となりました。

お得なキャンペーン実施中!!

月額693円~
ドメイン永久無料
初期費用無料

2022年12月9日(金)12:00まで

↓↓キャンペーンの期間・詳細は公式サイトにてご確認ください。

2

シン・レンタルサーバー

シン・レンタルサーバー

転送量目安:1200GB/日お試し期間:10日間無料独自SSL

初期費用:無料 月額:770円(税別)~

シン・レンタルサーバーは、エックスサーバー株式会社が提供するレンタルサーバーサービスです。安定の「エックスサーバー」か、革新の「シン・レンタルサーバー」かというエックスサーバーの新たなカタチとして2021年にサービスが開始されました。革新的ということでエックスサーバーの性能のさらなる飛躍を目指し、 最新技術を野心的に続々搭載しています。安定性の詳細については不明ですが、スピード・表示速度を求める方にオススメのレンタルサーバーです。

選ばれるポイント!

  1. 超高速環境「KUSANAGI」技術を導入
  2. リソース管理で他ユーザーの影響を受けずに安定稼働
  3. 高速・安定化機能「Xアクセラレータ」搭載
  4. 安心・安全な運用実績と充実のサポート体制
シン・レンタルサーバー ( スタンダードプラン )
初期費用 無料
月額費用(12ヶ月) 890円
月額費用(36ヶ月) 770円
プラン変更
可能(月単位)
無料独自ドメイン
ディスクサイズ 300GB
マルチドメイン 無制限
MySQL
無制限
WordPress移行機能
自動バックアップ

お得なキャンペーン実施中!!

最大50%OFF
利用料金 実質385円~

2022年12月22日(木) 12:00まで

↓↓キャンペーンの期間・詳細は公式サイトにてご確認ください。

3

ConoHa WING

ConoHa WING

転送量目安:無制限お試し期間:なし無料独自SSL

初期費用:無料 月額:660円(税別)~

ConoHa WINGはGMOインターネット株式会社が提供するレンタルサーバーサービスです。2018年サービス開始以降、45万アカウントを突破ということで、今もっとも勢いのあるレンタルサーバーの一つといえるでしょう。長期利用割引プラン「WINGパック」を利用すると料金の割引とともに、独自ドメインが最大2つまで永久無料となる特典もあります。WordPressのインストール&移行が簡単に行える機能も充実してるので、機能面・コスト面でみても初心者にオススメです。

選ばれるポイント!

  1. WordPress高速化エンジンWEXAL®が使える
  2. 長期利用割引プラン「WINGパック」でお得
  3. WordPressサイト開設&移行が簡単にできる
  4. 圧倒的なスピードで国内No.1!
ConoHa WING ( ベーシック )
初期費用 無料
月額費用(12ヶ月) 911円
月額費用(36ヶ月) 660円
プラン変更
可能(即時)
無料独自ドメイン
ディスクサイズ 300GB
マルチドメイン 無制限
MySQL
無制限
WordPress移行機能
自動バックアップ

お得なキャンペーン実施中!!

月額687円~
独自ドメイン2つ無料
初期費用無料

2022年12月5日(月)16:00まで

↓↓キャンペーンの期間・詳細は公式サイトにてご確認ください。

4

ColorfullBox

ColorfullBox

転送量目安:18TB/月お試し期間:30日間無料独自SSL

初期費用:無料 ※1 月額:968円(税別)~

ColorfulBox(カラフルボックス)は株式会社カラフルラボが提供する2018年に開始されたレンタルサーバーサービスです。30日間のお試し期間があり、じっくりと機能を試せる点でいえば初心者向きレンタルサーバーといえるでしょう。又、初心者にやさしいサーバーとドメインの同時申し込みで、WordPressのサイトをすぐに立ち上げることができる「WordPress快速セットアップ」という機能もあります。ライブチャット・電話・メールとサポート体制も充実してる所も良い点です。
※1)3ヶ月以上の契約の場合

選ばれるポイント!

  1. 超高速!Webサーバー「LiteSpeed」採用
  2. 超安全!地域別自動バックアップ搭載
  3. サイトの成長にあわせてプラン変更可能
  4. WordPressをより高速・安全に表示
ColorfullBox ( BOX2 )
初期費用 無料 ※1) 3ヶ月以上の契約の場合
月額費用(12ヶ月) 1,166円
月額費用(36ヶ月) 968円
プラン変更
可能(即時)
無料独自ドメイン ×
ディスクサイズ 300GB
マルチドメイン 無制限
MySQL
無制限
WordPress移行機能 ×
自動バックアップ
5

mixhost

mixhost

転送量目安:無制限お試し期間:なし無料独自SSL

初期費用:無料  月額:990円(税別)~

mixhostはアズポケット株式会社が提供する2016年に開始されたレンタルサーバーサービスです。お試し期間がないのでサーバーを試用できない分、初心者には不向きかもしれませんが、30日間返金保証があるので、気に入らなければ返金してもらうことが可能です。非常に人気も高く、スペックも高いレンタルサーバーで、Xサーバーとの比較記事も検索すれば沢山みつかります。初心者というよりは、サーバーの乗り換えを検討する際に最適なレンタルサーバーの一つといえるでしょう。また、お得なキャンペーンも頻繁に実施しているのでmixhost公式サイトをチェックしてみてください。

選ばれるポイント!

  1. Webサーバー「LiteSpeed」を日本で初めて採用
  2. WordPress専用キャッシュで圧倒的な高速表示
  3. WordPressサイトの作成や移転が簡単にできる
mixhost ( スタンダード )
初期費用 無料
月額費用(12ヶ月) 1,210円
月額費用(36ヶ月) 990円
プラン変更
可能(即時)
無料独自ドメイン ×
ディスクサイズ 300GB
マルチドメイン 無制限
MySQL
無制限
WordPress移行機能
自動バックアップ
2022年6月1日付けで、サービス強化・新機能の追加と価格改定を実施しました。
6

ロリポップ!

ロリポップ!

転送量目安:無制限お試し期間:10日間無料独自SSL

初期費用:無料  月額:550円(税別)~

ロリポップ!はGMOペパボ株式会社が提供するレンタルサーバーサービスです。2001年からサービスを開始し安価で利用できるレンタルサーバーとして200万サイト以上開設したという実績があります。今回はWebサーバー「LiteSpeed」を利用できるハイスピードコースでの記事ですが、月額200円~から利用できる安価なライトコースも用意されてます。とにかく安価でWordPressを始めたい方にオススメなレンタルサーバーです。

選ばれるポイント!

  1. Webサーバー「LiteSpeed」を採用
  2. ロリポップ!アクセラレータでサイトの表示を高速化
  3. 580種類以上あるマニュアル・FAQでサポート万全
  4. WordPressが60秒で簡単設置
ロリポップ!( ハイスピード )
初期費用 無料
月額費用(12ヶ月) 825円
月額費用(36ヶ月) 550円
プラン変更
可能(アップグレードのみ)
無料独自ドメイン ◯(12カ月以上の契約)
ディスクサイズ 400GB
マルチドメイン 無制限
MySQL
無制限
WordPress移行機能
自動バックアップ
7

さくらのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバ

転送量目安:無制限お試し期間:14日間無料独自SSL

初期費用:無料  月額:1,571円(税別)~

さくらのレンタルサーバはさくらインターネット株式会社が提供するレンタルサーバーサービスです。2004年から現在の「さくらのレンタルサーバ」を開始しましたが、インターネット会社としての歴史は古く1996年に共用レンタルサーバサービスである「さくらウェブ」を展開しています。サービスとしてはモリサワのWebフォントを33書体も使用することができ、モリサワWebフォント用のWordPressプラグインも用意されています。スタンダードプランは月額524円で利用できるので、安価なレンタルサーバーを探している方は検討してみるのもよいでしょう。

選ばれるポイント!

  1. 高速Webサーバーnginx導入によりサイト表示を高速化
  2. PHPモジュールモードでWordPressを高速化
  3. アクセス集中でもWebサイト安定表示
  4. 高い稼働率を誇るサーバー環境
さくらのレンタルサーバ( プレミアム )
初期費用 無料
月額費用(12ヶ月) 1,571円
月額費用(36ヶ月) 未対応
プラン変更
不可
無料独自ドメイン ◯(12カ月以上の契約)
ディスクサイズ 400GB
マルチドメイン 300個
MySQL
100個
WordPress移行機能 ×
自動バックアップ
8

お名前.comレンタルサーバー

お名前.comレンタルサーバー

転送量目安:無制限お試し期間:なし無料独自SSL

初期費用:無料  月額:990円(税別)~

お名前.comレンタルサーバーはGMOインターネット株式会社が提供する2009年に開始されたレンタルサーバーサービスです。国内共用レンタルサーバー業界初のWebサイト高速化エンジン「WEXAL® Page Speed Technology®」を標準搭載。また、さくらのレンタルサーバと同様にモリサワのWebフォントを33書体使用することができます。特典としてはアフィリエイターに人気のあるWordPressの有料テーマを割引で購入することができます。初期費用を抑えたい方にオススメのレンタルサーバーです。

選ばれるポイント!

  1. Webサイト高速化エンジン「WEXAL®」を標準搭載
  2. 人気の有料WordPressテーマが特別価格
  3. サーバーの初期費用・月額最大2ヶ月分が0円
  4. 1500記事を超えるヘルプサポートページ
お名前.comレンタルサーバー
初期費用 無料
月額費用(12ヶ月) 1,078円
月額費用(36ヶ月) 990円
プラン変更
プランなし
無料独自ドメイン ◯(初年度実質無料)
ディスクサイズ 400GB
マルチドメイン 無制限
MySQL
無制限
WordPress移行機能
自動バックアップ
9

heteml

heteml

転送量目安:40TB/月お試し期間:なし無料独自SSL

初期費用:無料  月額:1,100円(税別)~

hetemlはGMOペパボ株式会社が提供する2005年に開始されたレンタルサーバーサービスです。サービス開始当初はクリエイター向けの機能があり、ロリポップの上位レンタルサーバーとの印象がありました。現状ではお試し期間もなく、プランも1種類しかないことから初心者の方は同社が提供するロリポップ!で検討した方が無難に感じます。

選ばれるポイント!

  1. ハイパフォーマンスを支える高性能サーバー
  2. 独自開発の高速モジュール版PHPでWordpressを高速化
  3. 分離型のサーバーを採用
heteml
初期費用 無料
月額費用(12ヶ月) 1,650円
月額費用(36ヶ月) 1,100円
プラン変更
プランなし
無料独自ドメイン ×
ディスクサイズ 500GB
マルチドメイン 無制限
MySQL
無制限
WordPress移行機能 ×
自動バックアップ
10

スターサーバー

スターサーバー

転送量目安:27TB/月お試し期間:14日間無料独自SSL

初期費用:無料  月額:550円(税別)~

スターサーバーはネットオウル株式会社が提供する2017年に開始されたレンタルサーバーサービスです。また、ネットオウル株式会社では2009年からレンタルサーバーサービスの提供しているので豊富な運用実績があります。スターサーバーは格安のレンタルサーバーでWordPressが利用できる最安のライトプランで月額220円から利用することができます。お試し期間も14日間あるので、格安でも慎重にサーバーを選びたい方は検討してもよいでしょう。

選ばれるポイント!

  1. オールSSD!高速サーバー環境
  2. 安定したサイト運営を実現する「nginx」を導入
  3. 豊富な運用実績
スターサーバー( ハイスピード )
初期費用 無料
月額費用(12ヶ月) 825円
月額費用(36ヶ月) 550円
プラン変更
可能(アップグレードのみ)
無料独自ドメイン
ディスクサイズ 320GB
マルチドメイン 無制限
MySQL
無制限
WordPress移行機能 ×
自動バックアップ ×



レンタルサーバー比較表


今回ピックアップしたレンタルサーバーの比較表です。各キャンペーンなどで、お試し期間・月額使用料など、お得に設定されることがありますので、各公式ホームページでキャンペーン詳細をチェックしてください。

レンタルサーバー プラン プラン変更 お試し期間 初期費用 月額費用(12ヶ月) 月額費用(36ヶ月) 無料独自ドメイン 独自SSL 転送量 ディスク ディスクサイズ マルチドメイン MySQL メールアカウント WordPress
移行機能
WordPress
インストール
自動バックアップ サポート
メール
サポート
チャット
サポート
電話
公式サイト

スタンダード 可能
(月単位)
10日間 無料 1,100円 990円 無制限 SSD 300GB 無制限 無制限 無制限 × エックスサーバー

ベーシック 可能
(月単位)
10日間 無料 890円 770円 1200GB/日 SSD 300GB 無制限 無制限 無制限 × シン・レンタルサーバー

ベーシック 可能
(即時)
なし 無料 911円 660円 無制限 SSD 300GB 無制限 無制限 無制限 ConoHa WING

BOX2 可能
(即時)
30日間 無料 (※1) 1,166円 968円 × 18TB/月 SSD 300GB 無制限 無制限 無制限 × カラフルボックス

スタンダード 可能
(即時)
なし 無料 1,210円 990円 × 無制限 SSD 300GB 無制限 無制限 無制限 × × mixhost

ハイスピード 可能
(アップグレードのみ)
10日間 無料 825円 550円 無制限 SSD 400GB 無制限 無制限 無制限 ロリポップ!

プレミアム 不可 14日間 無料 1,571円 未対応 × 無制限 SSD 400GB 300個 100個 無制限 × さくらのレンタルサーバ

なし 不可
(プランなし)
なし 無料 1,078円 990円 初年度
実質無料
無制限 SSD 400GB 無制限 無制限 無制限 休止中 お名前.comレンタルサーバー

なし 不可
(プランなし)
なし 無料 1,650円 1,100円 × 40TB/月 SSD 500GB 無制限 無制限 無制限 × × heteml

ハイスピード 可能
(一部のみ)
14日間 無料 825円 550円 27TB/月 SSD 320GB 無制限 無制限 無制限 × × × × スターサーバー
※1:ColorfullBoxの初期費用は3ヶ月以上の契約の場合無料
※最新の情報は各レンタルサーバーホームページにて確認してください。


レンタルサーバーを選ぶポイント


初心者の方がレンタルサーバーを選ぶときのポイントはコスト運用実績を見るようにしましょう。要するに予算に合ったサービスと十分な運用実績があるサービスを選ぶということです。Webページの表示速度については、各サービスが表示速度の速さをセールスポイントにしている通り、極端に遅いサービスはないという印象です。仮に表示速度が遅いと感じるようならプランのアップグレード(サーバースペックのアップグレード)か、他社サーバーへの乗り換えを検討すればいいと思います。

また、下調べとして競合サイト(検索順位上位のサイト)が使用しているレンタルサーバーや、レンタルサーバーの障害情報も調べてみましょう。

競合サイトが使用しているサーバーを調べる

自身が作成するサイトと、同ジャンル・競合するWebサイトは必ずあるはずです。特に競合サイトや、記事に関連するキーワードの検索結果上位のサイトが使用しているサーバーを調べてみましょう。同じサーバーを使用すれば検索結果の順位が上位になるというわけではありませんが、レンタルサーバーを選定する上で十分な検討材料になると思います。

サーバーの調べ方

Netcraft 」というサイトにアクセスします。
中央の入力フォームに競合サイトのURLを入力し「Look up」ボタンをクリックします。結果ページのNetwork情報にあるNetblock Owner・Hosting company・Nameserverあたりを見ると、どのサーバーを使用しているか確認することができます。

障害情報を調べてみる

レンタルサーバーの障害は気になるところです。過去の障害情報を調べるにはTwitterが便利です。Twitterで「レンタルサーバー名 障害」などで検索すると、障害が起こった日時や、ユーザーの反応・運営会社の対応などを調べることができます。

そんなポイントを押さえて、おすすめするレンタルサーバーは…


エックスサーバー

エックスサーバー
やはり運用実績という面でエックスサーバーはおすすめです。国内シェアNo1はダテじゃなく、検索結果上位の個人サイトを調べてみるとエックスサーバーを使用している割合が高いです。超高速環境「KUSANAGI」導入で表示速度も速いので特におすすめしたいレンタルサーバーです。

ConoHa WING

ConoHa WING
コスパや総合的にみてConoHa WINGもおすすめです。長期利用割引プラン「WINGパック」なら独自ドメインが最大2つまで永久無料となるので、低コストで2サイト運営することも可能です。運営もGMOグループなので安心してレンタルすることができます。今もっとも勢いのあるレンタルサーバーです。

ちなみに、当サイトはエックスサーバーを利用しています。2010年頃から10年以上利用していますが、特に不満もなく快適に利用しています。




レンタルサーバーを選んだ後は



WordPressテーマ

WordPressの魅力の一つは、テーマ(テンプレート)で様々なタイプのデザインを反映することができることです。しかし、国内・海外のテーマは膨大な量があるので、テーマを選ぶのも時間と手間が掛かってしまいます。WordPress初心者向けに日本語対応のおすすめのWordPressテーマ(有料版・無料版)をまとめ記事がありますので参考にしてみてください。

WordPressのおすすめテーマ【無料版・有料版】

design.webclips.jp/wordpress-theme/


アフィリエイト

ブログ・サイトの運営では、アフィリエイト広告で小遣い稼ぎをしてる方もいれば、高額を稼ぐ専業のアフィリエイターもいます。アフィリエイトには自分で購入しキャッシュバックを受けられる自己アフィリエイトというサービスもあるので、自己アフィリエイトを上手く活用すればレンタルサーバーの費用に充てることもで可能です。

おすすめのアフィリエイトASP【初心者向け】

design.webclips.jp/affiliate/




レンタルサーバーに関する用語



KUSANAGI

KUSANAGIは、プライム・ストラテジーが開発・提供するWordPressの高速化が施された仮想マシンです。 WordPressの処理を最適化し、世界最速クラスのWordPress実行環境となります。
KUSANAGI公式サイト

KUSANAGIを導入しているレンタルサーバー

エックスサーバーシン・レンタルサーバー

WEXAL

WEXALは、プライム・ストラテジーが開発・提供するWordPressの高速化を実現するエンジンです。 導入する事でレスポンスが向上し、高速なWordPress環境を実現します。
WEXAL® 公式サイト

WEXALを導入しているレンタルサーバー

ConoHa WING

nginx

nginxは、Webサーバーソフトウェアです。W3Techs.comによると、2022年4月時点でのWebサーバソフトウェアのシェアで、Nginxは1位となっています。長らく1位だったApache抜き人気のWebサーバソフトウェアとなっています。特徴としては大量の同時アクセスあった場合でも、安定したWebサイトの表示が可能です。

nginxを導入しているレンタルサーバー

エックスサーバーシン・レンタルサーバー ConoHa WING さくらのレンタルサーバお名前.comレンタルサーバー スターサーバー

LiteSpeed

LiteSpeedは、Webサーバーソフトウェアです。第4世代のWebサーバーとも言われW3Techs.comによると、2022年4月時点でのWebサーバソフトウェアのシェア4位となっています。Nginxよりも高速で、大量の同時アクセスあった場合でも、安定したWebサイトの表示が可能です。

LiteSpeedを導入しているレンタルサーバー

カラフルボックス mixhost ロリポップ! ハイスピードプラン

IPアドレス

IPアドレス(Internet Protocol Address)は、インターネットで接続されたPCやデバイス(タブレット・スマホ)に割り当てられた認識番号です。

転送量

Webサイトを閲覧する時に、サーバ側から画像データ・動画データ・HTMLなどの送られるデータの総量。

無料独自SSL

無料独自SSLはレンタルサーバーが使用している独自ドメインに対して無料で提供するSSL(Secure Socket Layer)のことです。SSLとは、インターネット上で情報を暗号化し送受信できるプロトコルになります。現在ではサイト全体を常時SSL化して、セキュリティを向上させることを推奨しています。

マルチドメイン

マルチドメインとは、契約中のレンタルサーバーで複数のドメインを割り当てられる機能のことです。つまり所有しているドメインが50個あったとしたら、1契約のレンタルサーバーで50個のWebサイトを管理・運営することができるようになります。

MySQL

MySQLは、Oracleが開発したオープンソースのデータベース管理システムです。レンタルサーバーでは主にWordpressのデータベースとして扱われます。

SSD

SSD(Solid State Drive)は、データを保存・記憶しておくための装置で、HDD(ハードディスク)よりもデータの読み書きのスピードが早いことが特徴です。近年ではSSDを搭載したレンタルサーバーがほとんどです。

ディスクサイズ

ディスクサイズはSSDの容量のことです。通常のホームページ・ブログなら300GB~500GBの容量で心配することもなく運営することができます。



\ Webデザインに関するお役立ち情報を定期的に配信中 /

Follow @webclips_jp

POPULAR POSTS
  • 無料で使えるフリーイラスト素材サイト45選(商用利用可)
  • 漢字が使える日本語フリーフォント93選(商用利用可)
  • 無料で使える日本語・英語のかわいいフリーフォント20選
  • フォントを調べる時に役に立つツール・サイト10選
  • 無料で使えるデジタル風フォント13選
  • 無料で使用できるフリー動画素材・映像素材サイト15選
WordPress対応! 初心者におすすめのレンタルサーバー特集
  • Webデザイン
  • グラフィックデザイン
  • フリー素材
  • WordPress
  • レンタルサーバー
  • Photoshop
  • Webサービス

  • レンタルサーバーとは?
  • WordPressとは?
  • WordPress対応のレンタルサーバー
  • レンタルサーバーを選ぶポイント
  • おすすめのレンタルサーバー