エックスサーバーで独自SSL(https化)を設定する方法

 
エックスサーバーで独自SSL(https化)を設定する方法

エックスサーバーでは、独自SSL(https化)が無料で利用することができます。SSLはインターネット上で情報を暗号化し送受信できるプロトコルのことで、サイト全体を常時SSL化して、セキュリティを向上させることができます。今回は、エックスサーバーで運用しているサイトがSSL(https化)していない場合に、独自SSLを設定する方法を紹介します。

※この情報は2022年7月現在の情報です。最新の配信情報は公式サイトにて確認してください。




エックスサーバーで独自SSLを設定する



エックスサーバーの独自SSL(https)の設定はエックスサーバー管理ページから行います。管理ページ(サーバーパネル)のURLが分からない方はエックスサーバー公式サイトにアクセスしてください。
エックスサーバー公式ホームページ

1エックスサーバー公式サイトの右上にあるログインにカーソルを合わせプルダウンメニューからサーバーパネルをクリックします。

Xserverアカウントにログインし「サーバー管理」をクリックすると同様にサーバーパネルに遷移します。
エックスサーバーサーバーパネル

2サーバーパネルログインページからサーバーID・パスワードを入力し「ログインする」とクリックします。

エックスサーバーサーバーSSL設定

3ドメインにある「SSL設定」をクリックします。

エックスサーバーサーバーSSL設定

4ドメイン選択画面からSSL設定を行いたいドメイン(URL)の右にある「選択する」をクリックします。

エックスサーバーサーバーSSL設定

5SSL設定から「独自SSL設定追加」のタブをクリックします。

エックスサーバーサーバーSSL設定

6SSL設定ページから設定対象ドメインを選択し「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。

エックスサーバーサーバーSSL設定

7設定対象ドメインを確認し、問題ないようでしたら「追加する」ボタンをクリックします。

エックスサーバーサーバーSSL設定

8SSL設定一覧に戻ると、SSL設定したドメインが反映待ちになっていることを確認することができます。独自SSLは追加後、サーバーに設定が反映されるまで1時間程度の時間が掛かります。


非SSLからSSLへ301リダイレクトの設定



ユーザーがhttp://(非SSL)にアクセスした際に、https://(SSL)へリダイレクトする設定も必要です。リダイレクトは.htaccessというファイルに記述を加えることによって機能されるようになります。.htaccessファイルの編集はエックスサーバーのサーバーパネルから行うことができます。


エックスサーバーサーバー.htaccess編集

1サーバーパネルのホームページにある.htaccess編集」をクリックします。

エックスサーバーサーバー.htaccess編集

2ドメイン選択画面から.htaccessを編集したいドメインの右にある「選択する」をクリックします。

エックスサーバーサーバー.htaccess編集

3.htaccessを編集画面から設定対象ドメインを選択して「.htaccess編集」タブをクリックします。

エックスサーバーサーバー.htaccess編集

4.htaccessの入力欄に上部に下記の<IfModule mod_rewrite.c> ~ </IfModule>を追加して「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。

        <IfModule mod_rewrite.c>
          RewriteEngine On
          RewriteCond %{HTTPS} off
          RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
        </IfModule>
        
エックスサーバーサーバー.htaccess編集

5確認画面で「実行する」ボタンをクリックして編集は終了です。

編集終了後に、変更したドメインのhttp://(非SSL)にアクセスし、https://(SSL)へリダイレクトするか確認しましょう。サイト・ブログ内の画像ファイルをhttp://から始まる絶対パスで記述している場合http://をhttps://に置換する作業が必要になります。


WordPressのSSL設定



サイト・ブログでWordPressを使用している場合、WordPress側の設定も変更しましょう。設定といっても、URLをhttp://(非SSL)から、https://(SSL)へ変更するだけです。


WordPressのSSL設定

1WordPressログインページにアクセスしログインID・パスワードを入力して「ログイン」ボタンをクリックすると管理ページ(ダッシュボード)に遷移します。

WordPressのSSL設定

2管理ページ左メニューの「設定」「一般」をクリックします。

WordPressのSSL設定

3一般からWordPressアドレス・サイトアドレスhttp://をhttps://に変更して保存します。これでWordPress側の設定(変更)は終了です。

WordPressアドレス インストールしたディレクトリのアドレス
サイトアドレス WebサイトTOP(Index)ページのアドレス

エックスサーバーと同グレードのサーバー比較


エックスサーバー(スタンダードプラン)と同等のレンタルサーバー各社との比較です。各社キャンペーンなどで、お試し期間や、初期費用・月額使用料など、お得に設定されることがありますので、最新の情報は各公式ホームページで確認してください。

レンタルサーバー プラン プラン変更 お試し期間 初期費用 月額費用(12ヶ月) 月額費用(36ヶ月) 無料独自ドメイン 独自SSL 転送量 ディスク ディスクサイズ マルチドメイン MySQL メールアカウント WordPress
移行機能
WordPress
インストール
自動バックアップ サポート
メール
サポート
チャット
サポート
電話
公式サイト

スタンダード 可能
(月単位)
10日間 3,300円
キャンペーンで0円も
1,100円 990円 無制限 SSD 300GB 無制限 無制限 無制限 × エックスサーバー

ベーシック 可能
(月単位)
10日間 無料 890円 770円 1200GB/日 SSD 300GB 無制限 無制限 無制限 × シン・レンタルサーバー

ベーシック 可能
(即時)
なし 無料 911円 660円 無制限 SSD 300GB 無制限 無制限 無制限 ConoHa WING

BOX2 可能
(即時)
30日間 無料 (※1) 1,166円 968円 × 18TB/月 SSD 300GB 無制限 無制限 無制限 × カラフルボックス

スタンダード 可能
(即時)
なし 無料 1,210円 990円 × 無制限 SSD 300GB 無制限 無制限 無制限 × × mixhost

ハイスピード 可能
(アップグレードのみ)
10日間 無料 825円 550円 無制限 SSD 400GB 無制限 無制限 無制限 ロリポップ!

プレミアム 不可 14日間 無料 1,571円 未対応 × 無制限 SSD 400GB 300個 100個 無制限 × さくらのレンタルサーバ

なし 不可
(プランなし)
なし 無料 1,078円 990円 初年度
実質無料
無制限 SSD 400GB 無制限 無制限 無制限 休止中 お名前.comレンタルサーバー

なし 不可
(プランなし)
なし 無料 1,650円 1,100円 × 40TB/月 SSD 500GB 無制限 無制限 無制限 × × heteml

ハイスピード 可能
(一部のみ)
14日間 無料 825円 550円 27TB/月 SSD 320GB 無制限 無制限 無制限 × × × × スターサーバー
※1:ColorfullBoxの初期費用は3ヶ月以上の契約の場合無料
※最新の情報は各レンタルサーバーホームページにて確認してください。
関連記事

WordPress対応のおすすめレンタルサーバー

WordPress(ワードプレス)に簡単インストール機能搭載のレンタルサーバーを費用・運用実績・表示速度など比較して紹介します。

design.webclips.jp/wordpress-server/




\ Webデザインに関するお役立ち情報を定期的に配信中 /

Follow @webclips_jp

POPULAR POSTS
  • 漢字が使える日本語フリーフォント93選(商用利用可)
  • 無料で使えるフリーイラスト素材サイト43選(商用利用可)
  • 無料で使える日本語・英語のかわいいフリーフォント20選
  • Photoshopのブラシを追加する方法
  • 無料で使えるデジタル風フォント13選
  • フォントを調べる時に役に立つツール・サイト10選
  • Webデザイン
  • グラフィックデザイン
  • フリー素材
  • WordPress
  • レンタルサーバー
  • Photoshop
  • Webサービス