配色を決める時に役立つカラーパレット22選

 
配色を決める時に役立つカラーパレット
デザインでの配色は重要な要素です。2色(メインカラー・サブカラー)や、同系色の配色であれば悩むことも少ないと思いますが、3色以上の配色やアクセントカラーの選定など、アイデアが浮かばないこともあるでしょう。
今回は、配色に悩んだ時のアイデア出しに役に立つ、カラーパレットツール・Webサービスを紹介します。様々なカラーパレットがありますので、自分に合ったツールがあったら活用してみてください。




おすすめのカラーパレット



1

Adobe Color

Adobeが提供しているカラーツール。Creative Cloudユーザーであれば無料で利用することができます。自分での配色パターン作成、画像から配色を抽出のほか、探索ではCreative Cloudユーザーの人気順で配色が一覧できます。気に入った配色があれば、ASE(Adobe Swatch Exchange)ファイルのダウンロードすることができます。また、PhotoshopなどAdobe製品内でカラーパレットを同期することも可能です。


2

HUE/360

brightness(明度)を選択し、メインカラーを決定すると、それに合うカラーが表示されます。カラーコードのコピーも簡単にできるシンプルなカラーパレット。


3

Coolors.co

ユーザーが作成したカラーパレットを共有することがでるWebサービス。iOSアプリやChrome機能拡張、Photoshop・Illustratorのプラグイン(有料)などもある多機能なサービスです。


4

BrandColors

企業・サービスのブランドカラーをコレクションしたサイト。Microsoft・Googleをはじめ、数多くのブランドカラーを閲覧できるので企業・サービスの配色を参考にしたい場合はこちらがオススメです。


5

Color Hunt

4色の配色パターンを提案してくれるカラーパレット。「Trendy」「Popular」「Random」から一覧を閲覧することができ、お気に入りの配色を登録することもできます。


6

colourcode

ブラウザ上でマウスを動かし配色を決定していくスタイルのカラーパレット。カラーコードはHEX・RGB・HSL・HSV・CMY・CMYKで表示され、イメージ(PNG)のほかにsass・less・styl・cssファイルでのダウンロードも可能です。


7

Palettable

Palettableが提案するカラーを「好き」か「嫌い」で選択し、配色を決定していくカラーパレット。最大5色まで配色することができ、配色したカラーはPNG形式でダウンロードすることができます。


8

0to255

選択したカラーをグラデーション(濃淡)で表示してくれるカラーパレット。同系色の配色を考えてる方に便利なカラーツールです。ボタンのロールオーバー色を濃淡で表現したい場合にも役立ちそうです。


9

Material Palette

マテリアルデザインカラーから2色を選択すると、そのカラーに合う配色を自動的に提案してくれるカラーパレット。気に入った配色はCSS・SASS・LESS・SVG・XML・PNGにてダウンロードすることができます。


10

Material Design Colors

マテリアルデザインカラーのカラーコードを簡単にコピーできるカラーパレット。マテリアルデザインのほかにHTML・フラット・ソーシャルなどのカラーパレットもあります。


11

LOL Colors

4色で構成された配色パターンをコレクションしたカラーパレット。人気順に表示され、カラーコードもクリックでコピーすることができます。


12

Color Lisa

世界の名画の配色からカラーパレットを作成しコレクションしたサイト。カラーパレットの元となっている絵画へのリンクも貼られており、配色を勉強する際に役立つサイトです。


13

Random Material Palette Generator

ランダムにマテリアルデザインのカラーパレットを提案してくれるジェネレーター。テキスト・カード・ロゴといったケースを確認しながら配色がランダムに表示されます。PDF・PNG・HTMLにてダウンロードすることができます。


14

Leonardo

ターゲットカラーのコントラスト比をベースにカラーパレット生成してくれるジェネレーター。テキスト・ボタンがExampleで表示されるのでイメージが掴みやすい。Webサイト・アプリデザインとする時に使用してみたいカラーパレットです。


15

Pigment by ShapeFactory

2色の配色集めたカラーパレット。右上の虫眼鏡をクリックすると、フォトストックサイトUnsplashのイメージから抽出したカラーが表示されます。Unsplashの2色を使用したデュオトーンイメージも確認できます。ASE(Adobe Swatch Exchange)ファイルもダウンロードすることができます。


16

colors.lol

Twitterボット@colorschemezから選抜した配色をストックしたカラーパレット。カラーと名前もランダムに生成されるので、新しい発見があるかもしれません。


17

ColorDrop

4色のカラーパレットをストックしたサイト。New・Popular・Randomから配色をソートし好みのカラーを検索することができます。イメージスキャンからアップロードした画像からカラーを抽出することも可能です。


18

Happy Hues

左のカラーパレットから配色を選択すると、右エリアのデザインが選択した配色で表示されます。配色だけではイメージできない場合でも、Webサイト全体で配色が適用されるので配色のイメージが掴みやすい。


19

Image Hues

フォトストックサイトUnsplashのイメージから割合の多い4色を抽出したカラーパレット。オシャレな写真が多いので落ち着いたトーンが多い印象。


20

NIPPON COLORS

日本の伝統色をコレクションしたWebサービス。色名をクリックするとRGB・CMYKが表示されます。和風テイストのデザインを制作する際は参考にしたいサイトです。


21

配色の見本帳

キーカラーを選択すると配色や分析など、カラーに関する様々な情報が表示されます。カラーに関して深く追求したい方にはこちらがオススメです。

デザイン制作の際に業種や、サービス内容により配色に悩むことも多いと思いますが、こういったツール・サービスを活用することでアイデアが生まれるかもしれませんので、興味のある方は活用してみましょう。 以上、配色に悩んだときに便利なカラーパレットツール・サービスの紹介でした。

CSSグラデーションの作成に役立つジェネレーター・Webサービスまとめ

design.webclips.jp/css-gradient/




  • ロゴやイラストの配色パターンをAIが生成してくれる「Color Wheel」
  • Webサイト・アプリなどUIの配色を試せる「Pandacolors」
  • 【jQuery】画像のドミナントカラーを背景色にする「jquery.adaptive-backgrounds.js」
RELATED POSTS
  • 有名な企業・サービスのロゴをダウンロードできる「Instant Logo Search」
  • 1970〜80年代のレトロな東京地下鉄のマナー向上ポスター
  • 商用利用可能なアイコンセットを集めたサイト「IconStore」
  • イタリアンデザインのアーカイブ「Archivio Grafica Italiana」
  • 様々な用紙サイズをまとめたサイト「Paper Sizes」
  • 画像をアップするだけでブラウザイメージを生成できる「Browser Frame」
RECENT POSTS
  • 配色を決める時に役立つカラーパレット22選
  • 無料で使えるハロウィンデザイン・イラスト素材サイト
  • ロゴデザインの参考になるロゴギャラリーサイト16選
  • バナー広告デザインの参考にしたいギャラリーサイト8選
PICKUP
  • WordPressのおすすめテーマ19選【無料版・有料版】
  • 【2020年版】WordPressおすすめレンタルサーバー6選 -初心者向け-
  • 導入しておきたいWordPressのおすすめプラグイン
  • 無料で使えるおしゃれな英語の筆記体フリーフォント20選