WordPressの使い方を分かりやすく解説 -初心者向け-

 
WordPressの使い方を分かりやすく解説 -初心者向け-

WordPressのインストールから投稿までの流れや設定方法を初心者の方でも分かるように解説します。これからWordPressを始めたい方、使い方を知りたい方は参考にしてみてください。

こういう人向けの記事です

  • WordPressの使い方を知りたい人
  • WordPressでブログを始めたい人
  • WordPressでのサイト運営に興味のある人




WordPressとは?



WordPress(ワードプレス)は、ブログやホームページの作成ができるCMS(Contents Management System)です。WordPressをサーバーにインストールすることによって、HTML・CSSなどの知識がなくても比較的容易にホームページ・ブログを作成することができます。なにより無料で使用することができるので、ブロガーにとっては必須といっていいソフトウェアといえます。WordPressでのホームページ・ブログの作成方法について簡単に説明するとWordPressにはテーマとプラグインという機能があり「テーマ=サイトデザイン」「プラグイン=機能」の役割となっています。自分のサイトに最適なテーマ・プラグインを選択していくことで自分好みのブログ・ホームページを構築していくことができます。

ちなみに、当サイトもWordPressで構築してますし、Web Design Clipのようなギャラリーサイトも作ることができます。また、Web制作会社が請け負う制作案件で、企業(クライアント)側でお知らせ・ブログの更新を行いたい場合は、WordPressのようなCMSでサイト構築するケースも多いです。Web Design ClipではWordPressで制作されたWebサイトの掲載もしてますので、参考までにご覧ください。

WordPressで制作されたWebサイト | Web Design Clip



WordPressを始める前に



WordPressをインストールするにはドメイン・サーバー・データベース(MySQL)が必要です。データベースはレンタルサーバーの管理画面から設定ができますので、レンタルサーバードメインの契約が必要となります。

WordPressに必要なもの

  • レンタルサーバー
  • ドメイン

レンタルサーバー

Webサイト・ブログを運用するにはサーバーが必要になります。有料のレンタルサーバーは安価なプランから、ハイスペックなプランまでニーズに合わせたプランがありますので、自分に最適なプランを選ぶようにしましょう。
エックスサーバー」や「ConoHa WING」などのレンタルサーバーは、ドメインが永続無料になるプランもありますので、初めてWordPressを使う方には、こういったレンタルサーバーがオススメです。

関連記事

WordPress対応のおすすめレンタルサーバー (初心者向け)

WordPress簡単インストール機能搭載のレンタルサーバーを紹介します。費用・運用実績・表示速度など、レンタルサーバーを借りる時の参考にして下さい。

design.webclips.jp/wordpress-server/

サイト・ブログ運営を考えてなく、とりあえずWordpressを使ってみたいという方は、WordPressが使用できる無料レンタルサーバーがオススメです。

無料で使えるおすすめのレンタルサーバー(WordPress対応)

ドメイン

ドメインはインターネット上での住所のようなもので「.com」「.net」「.jp」などがあります。ドメインの取得は、ドメイン取得サービスで自分の付けたいドメイン名を検索し、取得できるドメインを契約する流れとなります。レンタルサーバーとの契約でドメインをプレゼントされている場合は取得の必要はありません。

関連記事

ドメイン取得におすすめのサービスと取得のポイント

ホームページ・Webサイトを立ち上げる際に必要となる独自ドメイン取得のポイントと、おすすめのドメイン取得サービスを紹介します。

design.webclips.jp/domain-search/




WordPressの使い方


WordPressのインストールから投稿・公開までの流れと、固定ページの作成方法を5ステップで解説していきます。WordPressをインストール済みで、WordPressの管理画面(ダッシュボード)にログインできる方は、WordPressの初期設定へお進みください。

1

WordPressのインストール


最初の手順としてWordPressをサーバーにインストールします。レンタルサーバーでWordPressを簡単にインストールできる機能を搭載しているサービスも多いので、その場合は簡単インストール機能を活用するようにしましょう。

WordPress簡単インストール

レンタルサーバーの管理画面から必要事項を入力するだけで、WordPressをインストールすることができます。「エックスサーバー」の簡単インストールについては別記事で解説してますので参考にしてください。

関連記事

エックスサーバーでWorpdressをインストールする方法

管理画面から必要な項目を入力するだけでWordpressをインストールすることができる便利な機能を解説します。

design.webclips.jp/xserver-wordpress-install/

手動でインストールする方法

WordPressを手動でインストールする方法になります。最近は手動でインストトールすることも少なくなりましたが、以下の手順でインストールを行います。

WordPressのインストール手順

  • WordPressをダウンロード
  • サーバー側でデータベース(MySQL)の作成
  • WordPressを任意のディレクトリにアップロード
  • 作成したデータベースと紐づけ
  • WordPressをインストール
  • サイト情報を入力

WordPressにログインする

インストールが終了したらログインページにアクセスします。ログインページはWordPressをインストールしたディレクトリのURL/wp-admin/を加えたURLです。ドメイン直下にインストールした場合は以下のようなURLとなります。

https://ドメイン名/wp-admin/

ログインフォームにインストールの際に設定したログインID・パスワードを入力して「ログイン」ボタンをクリックすると管理ページ(ダッシュボード)に遷移します。

WordPressへログイン

管理画面 (ダッシュボード)

管理画面 (ダッシュボード)の左メニューの項目から投稿から各設定まで操作することができます。また、WordPress本体のバージョンアップや、テーマ・プラグインの更新情報まで管理画面で確認することができます。

WordPress管理画面(ダッシュボード)
投稿 記事・更新情報など投稿・編集。カテゴリ・タグの管理を行います。
メディア 画像・動画などのアップロード。アップロードしたメディアの管理を行います。
固定ページ プロフィール・お問い合わせ・プライバシーポリシーなど、固定ページの作成・編集・管理を行います。
コメント 記事についたコメントの管理を行います。
外観 テーマの管理・編集や、テーマの新規インストール・アップロードを行います。
プラグイン プラグインの管理・編集や、プラグインの新規インストール・アップロード・各プラグインの設定を行います。
ユーザー 複数人でWordPressを運営する場合、ユーザーの管理・権限・編集などを行います。
ツール データのインポート・エクスポートや、個人データの管理などと行います。
設定 WordPressの各種設定を行います。


2

WordPressの設定


WordPressインストール後に、確認・変更した方がよい設定を項目別にまとめました。 設定は後から変更することが可能ですが、サイト・ブログを始める前に設定を見直すことをオススメします。

一般設定

管理ページ左メニューの「設定」「一般」をクリックします。一般設定ではサイトタイトル・URL・メールアドレス・日時表示などの設定を行います。

タイトル・キャッチフレーズ

タイトル・キャッチフレーズの設定

サイトタイトルとキャッチフレーズ(サイトの概要・説明)を入力します。キャッチフレーズはデフォルトでJust another WordPress siteとなってますので、自分のサイトの説明を簡潔に入力しましょう。キャッチフレーズを設定することによって、WebサイトTOPページのタイトルが以下のような表示になります。(テーマによって表示されない場合もあります。)

<title> テストブログ – Just another WordPress site </title>

キャッチフレーズが不要な場合は空白にして「変更を保存」ボタンをクリックしてください。

URLのSSL化 (https://)

URLのSSL化

WebサイトをSSL化している場合は、WordPressアドレス・サイトアドレスhttp://をhttps://に変更しましょう。httpsは通信内容が暗号化されたセキュリティの高い通信プロトコルでGoogleでも推奨されています。SEOの効果も期待できますので、必ずSSL化しましょう。サイトのSSL化はレンタルサーバー各社の管理ページから設定できますが、分からない方はご利用のレンタルサーバーサービスのヘルプページで調べてください。

WordPressアドレス インストールしたディレクトリのアドレス
サイトアドレス WebサイトTOP(Index)ページのアドレス
https://でサイトにアクセスした時に、アクセスエラーが発生する場合は、サイトのSSL化がされてませんので、事前にアクセスできるか確認が必要です。

表示設定

管理ページ左メニューの「設定」「表示設定」をクリックします。表示設定では1ページに表示する記事の件数や、検索エンジンでの表示に関する設定を行います。

1ページに表示する最大投稿数

タイトル・キャッチフレーズの設定

1ページに表示する投稿数を設定します。投稿数は、TOPページなどに表示される記事一覧の記事数のことです。テーマのレイアウトによっては、表示する記事数が多いとページが縦長(スクロール量が多くなる)になるケースもあるので、そういった場合は最大投稿数の件数を調整しましょう。

検索エンジンでの表示

タイトル・キャッチフレーズの設定

検索エンジンでの表示検索エンジンがサイトをインデックスしないようにするにチェックを入れると、文字通り検索エンジンにインデックスされなくなります。簡単にいうとGoogleなどのサージエンジンの検索結果に表示されなくなるということです。サイト構築中・テスト中など、検索エンジンがクロールしてもインデックスされたくない場合はチェックを入れて「変更を保存」をクリックしてください。

サイトを開始(ローンチ)した後もチェックを入れたままだと、検索エンジンにインデックスされない状態が続きますので注意が必要です。

メディア設定

管理ページ左メニューの「設定」「メディア」をクリックします。メディアではサイトに表示する画像のサイズと、画像を格納するフォルダの設定を行います。

画像サイズ

タイトル・キャッチフレーズの設定

画像をアップロードすると元ファイル(フルサイズ)の画像と「サムネイル」「中」「大」の画像がサイズ別に生成されます。ここでは、生成される画像サイズの幅の上限・高さの上限を設定します。例として、upload_image.jpg(横1800px×縦1200px)の画像をアップロードした場合、サムネイル(横150px×縦100px)・中サイズ(横300px×縦200px)・大サイズ(横1024px×縦683px)とサイズが長い方の上限値で、画像の横縦比を保ちながら縮小し生成されます。

幅と高さを「0」に設定すればそのサイズの画像は生成されなくなります。例えば中サイズが必要ない場合、中サイズの幅と高さを「0」にして保存すれば中サイズの画像は生成されなくなります。
アップロードした画像ファイル名
サムネイル upload_image-150×100.jpg
中サイズ upload_image-300×200.jpg
大サイズ upload_image-1024×683.jpg
フルサイズ upload_image.jpg

サムネイルのトリミング

サムネイルのトリミング

サムネイルを実寸法にトリミングするにチェックを入れ保存すると、サムネイルのサイズで設定した横・高さの数値でサムネイルが生成されます。横(150px)・縦(150px)で設定した場合、横長の画像は下図のようにトリミングされます。


ファイルアップロード

ファイルアップロード

メディア(画像)をアップロードすると、WordPressをインストールしたフォルダ内の/wp-content/uploads/にファイルが格納されます。アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理にチェックを入れて保存した場合は/wp-content/uploads/年/月/というようにアップロードした年・月のフォルダ内に格納されるようになります。チェックを入れない場合は/uploads/のフォルダ内に全ての画像ファイルが格納されるので、サイト規模が大きくなると画像ファイル管理が大変になります。画像を多く扱うサイトでしたらチェックを入れる方が管理しやすいでしょう。

ファイルのURL
チェックしない場合 ../uploads/イメージファイル.jpg
チェックした場合 ../uploads/2022/06/イメージファイル.jpg

パーマリンク設定

管理ページ左メニューの「設定」「パーマリンク」をクリックします。パーマリンク設定では投稿記事URLのスタイルを設定できます。

パーマリンク設定

パーマリンク設定では投稿ページのURLのスタイルを選択することができます。SEOの観点からいっても、URLは構造的に短くページの内容にあったURLがいいでしょう。パーマリンクのスタイルは基本・日付と投稿名・月と投稿名・数字ベース・投稿名・カスタム構造の6種があります。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。
基本 https://ドメイン.com/?p=投稿ID
日付と投稿名 https://ドメイン.com/年/月/日/タイトル/
月と投稿名 https://ドメイン.com/年/月/タイトル/
数字ベース https://ドメイン.com/archives/投稿ID
投稿名 https://ドメイン.com/タイトル/

おすすめの設定は投稿名: https://ドメイン.com/タイトル/ です。ただし、投稿名で設定するとパーマリンクが日本語(投稿タイトル)となってしまうで、投稿する時にアルファベット + ハイフン(-)の英数字で記事にあったパーマリンクを名付けるようにしましょう。このページですとWordPressの使い方という記事になりますので、以下のような記事に内容が分かるパーマリンクにしました。

https://design.webclips.jp/wordpress-how-to-use/

投稿でのパーマリンクの設定

パーマリンク設定

投稿画面で記事を作成し「下書き保存」したタイミングでパーマリンクの設定ができるようになります。右側のパーマリンク(URLスラッグ)の入力欄に、アルファベット + ハイフン(-)で名前を付けるようにしましょう。
投稿名: https://ドメイン.com/タイトル/ にするメリットの1つとして、Googleアナリティクス・Googleサーチコンソールと連携した際に、データとしてURLが表示されることがあるのですが、記事に適したタイトルをパーマリンクに設定することで、どの記事のURLか識別しやすくなります。

会社ホームページのお知らせ・更新情報などにWordPressを使用する場合は、基本(投稿ID)をパーマリンクに設定した方が使いやすいケースがあります。

ユーザープロフィール

管理ページ左メニューの「ユーザー」「プロフィール」をクリックします。プロフィール設定では各ユーザーの管理画面・プロフィールの設定を行います。

ブログ上の表示名を変更する

ニックネーム変更

記事を投稿するとテーマによっては、投稿記事にユーザー名が表示されます。ユーザー名はWordPressをインストールした時に設定したユーザー名になります。ブログ上の表示名がユーザー名というのはセキュリティの観点からも、よくないのでニックネームを設定してブログ上の表示名を変更するようにしましょう。まずは、ニックネームの入力欄に名前を入力します。

ブログ上の表示名

次にブログ上の表示名からプルダウンで先程入力したニックネームを選択して「プロフィールの更新」をクリックして完了です。

ツールバーの表示・非表示

ユーザープロフィール

WordPressのログイン中に、自分のサイトにアクセスするとページ上部にツールバーが表示されます。好みにもよりますが必要ない場合は、プロフィール設定からツールバーを非表示にすることができます。

Webサイトのツールバー

「ユーザー」→「プロフィール」からツールバーのサイトを見るときにツールバーを表示するのチェックを外し、「プロフィールの更新」をクリックして完了です。

Webサイトのツールバーの非表示

サイトを確認するとWordPressのログイン中でも、ツールバーは表示されなくなります。表示/非表示はプロフィール設定から変更できるので覚えておきましょう。



3

テーマ・プラグインの設定


WordPressでのサイトのデザイン・機能の設定を行います。サイトデザインは外観(テーマ)・機能はプラグインから検索してインストール、有効化するだけで簡単にデザイン・機能を反映することができます。

テーマ

WordPressテーマ

管理ページ左メニューの「外観」「テーマ」をクリックするとデフォルトでイントール済みのテーマが一覧で表示されます。

テーマの新規追加

テーマを追加したい場合はページ上部の「新規追加」をクリックします。

テーマの検索方法

テーマが一覧表示されるので上部の検索バー(人気・最新・お気に入り・特徴フィルター・キーワード検索)を使用してテーマを探しましょう。テーマをインストール後に有効化することでWebサイトにテーマが反映されます。

WordPressのテーマ配布サイトなどでテーマをPCにダウンロードした場合、ページ上部の「テーマのアップロード」からテーマをアップロード(インストール)することができます。

WordPressテーマ(無料版・有料版)

WordPressでは無料・有料のテーマがあります。日本で開発されたSEOに強いテーマもあり無料テーマではCocoon。有料テーマではTHE・THOR(ザ・トール)AFFINGER6が人気が高く、利用しているユーザーも多い印象です。

関連記事

WordPressのおすすめテーマ(無料版/有料版)

これからWordPressをはじめる初心者におすすめのWordPressの日本語テーマを無料版・有料版と厳選して紹介します。

design.webclips.jp/wordpress-theme/

プラグイン

WordPressプラグイン

管理ページ左メニューの「プラグイン」「インストール済みプラグイン」をクリックすると、デフォルトでイントール済みのプラグインが一覧で表示されます。

プラグインの新規追加

プラグインを追加したい場合はページ上部の「新規追加」をクリックします。

プラグインの検索方法

プラグインが一覧表示されるので上部の検索バー(注目・人気・おすすめ・お気に入り・キーワード検索)を使用してプラグインを探しましょう。プラグインをインストール後に有効化することでプラグインが機能します。

テーマと同様ですがプラグイン配布サイトなどでプラグインをPCにダウンロードした場合、ページ上部の「プラグインのアップロード」からプラグインをアップロード(インストール)することも可能です。

お問い合わせフォーム・絞り込み検索など、様々な機能追加ができる55,000個以上のプラグインが無料で利用することができます。便利なプラグインは色々使いたいところですが、プラグインを多用するとページの表示速度が遅くなることもあるので注意が必要です。

関連記事

導入しておきたいWordPressのおすすめプラグイン

55,000個以上と膨大な数のプラグインの中から、WordPressに導入しておきたいプラグインをカテゴリーを分けて紹介します。

design.webclips.jp/wordpress-plugins/



4

投稿から公開まで


記事の作成・投稿方法から公開までの流れと、カテゴリー・タグの追加方法を解説します。

カテゴリー・タグの設定

カテゴリー・タグの設定は、投稿中に作成することもできますが、カテゴリー・タグが想定できているなら先に設定しておきましょう。カテゴリーは名の通り記事をカテゴライズ(グループ化)する機能で、タグは記事の関連ワードを付箋のようにタグ付けする機能です。 カテゴリーとタグの使い方について、ファッションサイトで例えてみると以下のような感じでしょうか。

カテゴリー メンズ・レディース・トップス・ボトムス・インナー
タグ 春物・夏物・大きいサイズ・お買い得・レビュー

これは1例ですが、タグをうまく使用することで別のカテゴリーの記事と繋がりを持たせることもできます。

カテゴリーの設定

カテゴリーの設定

管理ページ左メニューの「投稿」「カテゴリー」をクリックします。

カテゴリー名・スラッグ名の設定

カテゴリーの名前・スラッグを入力して「新規カテゴリーの追加」をクリックするとカテゴリーが追加されます。カテゴリーは、親カテゴリーの下層に子カテゴリーを設定することも可能です。

名前 サイト上に表示される名前です。
スラッグ URLに適した形式の名前です。通常はすべて半角小文字で、英数字とハイフンのみが使用されます。

タグの設定

タグの設定

管理ページ左メニューの「投稿」「タグ」をクリックします。

タグ名・スラッグ名の設定

タグの名前・スラッグを入力して「新規タグの追加」をクリックするとタグが追加されます。カテゴリー・タグは編集で名前・スラッグを変更することが可能です。

投稿方法(記事の作成)

投稿から公開まで

WordPressのメインともいうべき投稿について解説します。まずは、管理ページ左メニューの「投稿」「新規追加」をクリックすると投稿画面へ遷移します。

投稿ツールの説明

こちらが投稿編集をおこなう投稿画面になります。ブロックエディタ(Gutenberg)ともいわれ、ブロック毎に文章・画像・メディア(Youtube・SNS)などを挿入し記事を作成します。

ヘッダーメニュー 挿入ツールの表示・下書き・プレビュー・公開・設定メニュー表示などを行う
メイン画面 文章・画像などブロックを利用し投稿記事を作成する
設定メニュー
(投稿)
投稿記事に関するカテゴリー・タグ・パーマリンク・アイキャッチ・抜粋などを設定する
設定メニュー
(ブロック)
選択したブロックに関連する各種設定を行う。
ブロック挿入ツール

ヘッダーメニュー左の「+(ブロック挿入ツール)ボタン」をクリックすると、ブロック挿入ツールが左側に表示されます。テキスト・メディア・デザイン・ウィジェット・テーマ・埋め込みから要素を挿入し、直観的な操作で記事を作成していきます。HTML・CSSの知識がなくても、Microsoft Wordで書類を作成する感覚で記事が作成できると思います。

投稿方法:投稿設定

記事の作成が完了したら、投稿の設定メニューから、パーマリンク・カテゴリー・タグ・アイキャッチ画像・抜粋・ディスカッションが設定されているか確認しましょう。

パーマリンク 記事URLに表示される英数字とハイフンを含めたパーマリンクの設定
カテゴリー 記事に関連するカテゴリーの選択
タグ 記事に関連するタグの選択
アイキャッチ画像 記事一覧などに表示されるアイキャッチ(サムネイル)画像の設定
抜粋 記事一覧などに表示される記事紹介(一部抜粋)の設定
ディスカッション コメントを許可・ピンバックとトラックバックを許可のチェック
アイキャッチ画像・抜粋については、記事一覧・アーカイブなどに表示されないテーマもあります。

投稿方法:公開

記事内容・投稿設定が完了したら「公開」ボタンをクリックします。公開後はWebサイトにて記事を確認してください。

下書き 記事を公開せずに下書きとして保存します。
プレビュー 作成・編集中の投稿記事をブラウザ(ディスプレイ・タブレット・モバイル)を選択して確認することができます。
公開 投稿記事を公開します。公開日時を指定する予約公開も公開をクリック後に設定できます。


5

固定ページの作成


WordPressでは投稿記事の他に固定ページを作成することができます。このステップでは固定ページ作成の流れを解説します。

固定ページとは?

固定ページとは、「お問い合わせ」「プライバシーポリシー」など、ブログ記事とは別の固定されたページのことです。固定されたページなので、記事一覧などに表示されることもなく、カテゴリー・タグの設定もすることができません。企業サイトを構築する場合は多用するケースもありますが、ブログ運営ですと「お問い合わせ」「プライバシーポリシー」「プロフィール」を作成するくらいで十分といえます。

固定ページの作成

固定ページ作成

管理ページ左メニューの「固定ページ」「新規追加」をクリックします。

固定ページ作成

投稿画面で、ページタイトル・ページ内容をブロックエディタで作成します。ページが完成したらパーマリンク(スラッグ)を設定「公開」ボタンをクリックして完了です。あとはサイドバー・フッターなどに固定ページへのリンクを貼ってください。

以上、WordPressのインストールから投稿・公開までの流れの解説でした。WordPressはカスタマイズ性が高く、簡単なブログから、高機能で複雑なWebサイトまで、様々なサイトを構築することができます。この記事を参考にステキなWebサイト・ブログを作成してみてください。

関連記事

WordPressを勉強する時に役立つおすすめ本

基礎・使い方を学ぶための初心者向け入門書から、テーマのカスタマイズ方法を学べる中級者向けの本まで、WordPressを勉強する時に役立つ本を紹介。

design.webclips.jp/wordpress-books/

WordPress対応のおすすめレンタルサーバー

WordPress(ワードプレス)に簡単インストール機能搭載のレンタルサーバーを費用・運用実績・表示速度など比較して紹介します。

design.webclips.jp/wordpress-server/




\ Webデザインに関するお役立ち情報を定期的に配信中 /

Follow @webclips_jp

POPULAR POSTS
  • 無料で使用できるフリーイラスト素材サイト43選(商用利用可)
  • 漢字が使える日本語フリーフォント93選(商用利用可)
  • フォントを調べる時に役に立つツール・サイト10選
  • 無料で使える日本語・英語のかわいいフリーフォント20選
  • Photoshopのブラシを追加する方法
  • 無料で使用できるフリー動画素材・映像素材サイト15選
  • Webデザイン
  • グラフィックデザイン
  • フリー素材
  • WordPress
  • レンタルサーバー
  • Photoshop
  • Webサービス