Webサイトのページ表示速度を測定できる無料サービスまとめ

 
Googleのアルゴリズムにてページ表示速度が検索順位を上げる要因の1つである事はWebで調べると色々出てきますが、SEO以前にストレスを掛けず閲覧できるようチューニングすることは当然だと言えます。今まで気づかなかった問題点も表示速度チェックサイトを活用することで明らかになるので、今後のチューニングに役立ててみてはいかがでしょうか。 URLを入力するだけで無料計測できる表示速度計測の代表的なサイトをまとめました。





1

Page Speed Insights

パソコンとモバイルでの結果がそれぞれ表示されるGoogleの表示速度計測サイト。サイトを点数で評価し、最適化についての提案にて改善点を指摘してくれる。
2

Testmysite

約1分程度で表示速度・離脱率を診断できるGoogleのツール。同じ業界サイトでの表示速度の比較や、テスト結果の詳しいレポートも取得することができます。
3

GTmetrix

メジャーな表示速度計測サイトで結果をグレードで表示。計測結果をPDFで保存できる。

4

Pingdom Website Speed Test

読み込み速度計測以外にもページ容量などの分析までしてくれる表示速度チェックサイト
5

Site24x7

ロケーションを選択して計測できる。(Tokyo-JP有り)計測結果も日本語で表示されるので分かりやすい。
6

Web担当者Forum版 ページ速度分析ツール

ページ計測のブックマークレット。現在閲覧しているサイトもブックマークから即座に計測できるので非常に便利。

  • 手描きのアニメーションGIFを簡単に作成できる「Brush Ninja」
  • デザインの最新トレンドをチェックできるサービス「Panda」
  • 様々なスニペットがまとめられたサイト「LittleSnippets.net」
  • マルチカラーグラデーションのコードをコピーできる「gradienta」
  • レスポンシブ対応の画像を生成してくれる「Responsive Image Breakpoints Generator」
RELATED POSTS
  • さまざまなスタイルのCSSボタンをコレクションした「Buttons」
  • 背景にスクロールアニメーションを実装できる「Physics-Based Background Scroll Effects」
  • 様々なホバーエフェクトを実装できる「imagehover.css」
  • 軽快なアニメーションのバーガーメニュー「Ember Burger Menu」
  • 【jQuery】チルトホバーエフェクトを実装できる「Tilt.js」
  • カスタマイズして使用できるアイコンライブラリ「Vivid.js」
RECENT POSTS
  • 背景や区切り線などを簡単に装飾できるCSSライブラリ「pattern.css」
  • セクションの区切りをデザインできる「CSS Section Separator Generator」
  • 動画やアニメーションgifの背景を自動で消去してくれる「Unscreen」
  • ポップなイラストをダウンロードできる「Download 80 free illustrations」
  • hulu (フールー)で観れるおすすめの海外ドラマ・国内ドラマ【2020年3月版】
  • パーツを組み合わせてイラストを作成できる「Open Peeps」
  • 無料で使用できるポップなフリーイラスト「illlustrations」
  • 宮崎県小林市が提供するお肉のフリー素材サイト「oniku images」