JPG・PNG・GIF・SVGの画像を圧縮してくれるWebサービス「Compressor.io」

 
画像をアップロードするだけで圧縮してくれる「Compressor.io」の紹介です。JPG、PNG、GIF、SVGのファイルに対応しているので、事前に軽量化してからアップロードするなら、対応フォーマットの多いこちらのツールがオススメです。 ただ、一括して複数のファイルを圧縮することができないので、ある程度の労力は必要になります。

Compressor.io

Compressor.ioのサイトにアクセスして「TRY IT!」のボタンをクリック。

「Choose your compression」が表示されるので、圧縮方法【Lossy(非可逆圧縮)・Lossless(可逆圧縮)】のどちらかを選択し、画像ファイルをアップロードします。通常はLossy(非可逆圧縮)で問題ないと思います。

アップロード後は圧縮前・圧縮後のファイルの比較が表示されます。今回アップロードした画像ファイルでは、93.15KB → 39.95KBという結果が出ました。
圧縮した画像ファイルはダウンロードまたは、Google Drive・Dropboxに保存することができます。

対応してるフォーマット(JPG、PNG、GIF、SVG)が多いので、圧縮したいファイルがあった時はこちらのツールで圧縮してはいかがでしょうか。 画像をアップロードするだけで圧縮してくれる「Compressor.io」の紹介でした。



  • 手描きのアニメーションGIFを簡単に作成できる「Brush Ninja」
  • 【CSS】フォントサイズの単位を相対比較できる「PXtoEM.com」
  • UIデザインのスニペットがまとめられたサイト「CodeMyUI」
  • 指定したWebサイトが他国でどのように表示されるかチェックできる「GeoScreenshot」
  • デザインの最新トレンドをチェックできるサービス「Panda」
RELATED POSTS
  • コピペで使えるCSSアニメジェネレーター「WAIT! Animate」
  • リデザインのレビューを集めたWebサービス「reDSGN」
  • CSSグラデーションの作成に役立つジェネレーター・Webサービス11選
  • アプリ・Web制作で必要な要素をチェックできる「Checklist Design」
  • 【CSS】スターウォーズのイントロを表現できるライブラリ「starwarsintro.css」
  • 入力フォームを実装するためのテンプレート「Boilerform」
RECENT POSTS
  • CSSで作成する吹き出しとデザインのアイデア
  • ロゴ作成が簡単にできるロゴジェネレーター12選【無料・低価格】
  • 長いURLを短くするおすすめの短縮URLサービス8選
  • 【2020年版】Photoshopのブラシを追加する方法
PICKUP
  • 【無料】おすすめのフリー画像・写真素材サイト10選【商用利用可】
  • Photoshopで画像を切り抜くテクニック【初心者向け】
  • 導入しておきたいWordPressのおすすめプラグイン
  • CSSで作成する吹き出しとデザインのアイデア