JPG・PNG・GIF・SVGの画像を圧縮してくれるWebサービス「Compressor.io」

 
画像をアップロードするだけで圧縮してくれる「Compressor.io」の紹介です。JPG、PNG、GIF、SVGのファイルに対応しているので、事前に軽量化してからアップロードするなら、対応フォーマットの多いこちらのツールがオススメです。 ただ、一括して複数のファイルを圧縮することができないので、ある程度の労力は必要になります。

Compressor.io

Compressor.ioのサイトにアクセスして「TRY IT!」のボタンをクリック。

「Choose your compression」が表示されるので、圧縮方法【Lossy(非可逆圧縮)・Lossless(可逆圧縮)】のどちらかを選択し、画像ファイルをアップロードします。通常はLossy(非可逆圧縮)で問題ないと思います。

アップロード後は圧縮前・圧縮後のファイルの比較が表示されます。今回アップロードした画像ファイルでは、93.15KB → 39.95KBという結果が出ました。
圧縮した画像ファイルはダウンロードまたは、Google Drive・Dropboxに保存することができます。

対応してるフォーマット(JPG、PNG、GIF、SVG)が多いので、圧縮したいファイルがあった時はこちらのツールで圧縮してはいかがでしょうか。 画像をアップロードするだけで圧縮してくれる「Compressor.io」の紹介でした。





RELATED POSTS
  • キレイなアニメーションのCSSスピナーコレクション「Epic Spinners」
  • 様々なホバーエフェクトを実装できる「imagehover.css」
  • 【Webデザイン】魅力的な動きをするレスポンシブメニュー
  • コピペするだけで使えるCSSボタンジェネレーターまとめ
  • アニメーションが素敵なツールチップ「Playful Little Tooltip Ideas」
  • アイコンフォント「FontAwesome」の使い方
RECENT POSTS
  • 【2021年版】 無料で使えるフリーイラスト素材サイト36選(商用利用可)
  • バナーデザイン制作で参考になるバナー広告ギャラリーサイト12選
  • 【2021年版】 WordPressのおすすめテーマ17選(無料版/有料版)
  • 【2021年版】 無料で使えるフリー画像・写真素材サイト27選(国内/海外)
POPULAR POSTS
  • 【2021年版】 無料で使えるフリーイラスト素材サイト36選(商用利用可)
  • 【2021年版】漢字が使える日本語フリーフォント80選
  • パーツを組み合わせてイラストを作成できる「Open Peeps」
  • フォントを調べる時に役に立つツール・サイト10選