CSSやHTML5・Twiterカードなどのコードを生成できる「Web Code Tools」

 
様々なタイプの面倒なコードを生成してくれるジェネレーター「Web Code Tools」の紹介です。
CSS3・HTML5・Microdata・JSON-LD・Meta Tags・Open Graph・Twitter Card・ファイル名(サウンドファイル)のコードを簡単に生成してくれます。

Web Code Tools

CSS3は数値入力が面倒なグラデーションやアニメーションなど、プレビューを確認しながら数値を入力できます。

Web制作で必要なベーシックなコードが多く、簡単にコピペで使用できるので時間短縮に役立ちそうです。



  • CSSで出力できるドット絵ジェネレーター「Pixel Art to CSS」
  • 世界の国旗をCSSとdivのみで実装する「CSS Flags」
  • YoutubeやGoogleMapをレスポンシブ化するジェネレーター「Embed Responsively」
  • ワールドカップのユニフォームのパターンをまとめた「World Cup in Pattern」
  • 10年前の有名サイトを振り返ることができる「Ten Years Ago」
RELATED POSTS
  • レスポンシブデザインのパターン集「Responsive Patterns」
  • アニメーションアイコンのライブラリ「60 Free Animated Icons」
  • CSSで実装するローディングアニメーション「Single Element CSS Spinners」
  • CSSでインスタグラムのようなフィルターを再現できる「Instagram.css」
  • 水中の歪みを表現したエフェクトが気持ちいい「Liquid Distortion Effects」
  • 【jQuery】画像をハーフトーンに変換するプラグイン「Breathing Halftone」
RECENT POSTS
  • 【2021年版】 WordPressのおすすめテーマ17選(無料版/有料版)
  • 【2021年版】 無料で使えるフリー画像・写真素材サイト27選(国内/海外)
  • 【2021年版】 Google Fontsの使い方とおすすめ日本語フォント
  • 【2021年版】 無料で使えるフリー動画素材サイト10選
POPULAR POSTS
  • 【2021年版】 無料で使えるフリーイラスト素材サイト33選(商用利用可)
  • 【無料】漢字が使える日本語フリーフォント70選
  • 【2021年版】 Google Fontsの使い方とおすすめ日本語フォント
  • フォントを調べる時に役に立つツール・サイト10選
  • Youtubeの埋め込み動画をレスポンシブに対応させる方法