カスタマイズして使用できるアイコンライブラリ「Vivid.js」

 
90種類以上のSVGアイコンを簡単に実装できるアイコンライブラリ「Vivid.js」の紹介です。data属性を使用して、サイズ・カラーを設定できるので、サイトに合わせたアイコンを配置することができます。

Vivid.js

アイコンはフラットの使用しやすそうなアイコンが揃ってます。

使い方は簡単でまず、ライブラリのCDNを読み込みます。

html
<script src="https://unpkg.com/vivid-icons@1.0.3/dist/vivid-icons.min.js" type="text/javascript"></script>

パッケージマネージャ(npm・bower)でも入手することが可能です。

npm
npm install vivid-icons

bower
bower install vivid-icons


あとはアイコン一覧から使用したいアイコンのコードをコピペするだけです。

html
<i data-vi="laptop"></i>


アイコンサイズを変更したい場合はdata-vi-sizeの属性を追加し数値を設定します。

html
<i data-vi="doc" data-vi-size="96"></i>


アイコンのカラーを変更したい場合はdata-vi-primarydata-vi-accentdata-vi-propの属性を追加し、それぞれのカラーを設定します。

html
<i data-vi="doc" data-vi-primary="#1A055D" data-vi-accent="#FF613D" data-vi-prop="#A1FFFE"></i>


現在90種類のアイコンが用意されていますが、Vivid.jsのサイトをみるとアイコンのリクエストも受け付けているようなので、今後アイコンの種類が充実することを期待しましょう。無料で使用できるSVGアイコンライブラリ「Vivid.js」の紹介でした。



  • アニメーションが素敵なツールチップ「Playful Little Tooltip Ideas」
  • 【CSS】CSSだけで作られた簡単に使えるアイコンセット
  • モーフィングアニメーションのページ遷移を実装できる「Morphing Page Transition」
  • 420種類のシンプルなアイコンセット「Evericons」
  • 商用利用可能なアイコンセットを集めたサイト「IconStore」
RELATED POSTS
  • 【jQuery】プレースホルダにアニメーションを実装できる「FoxHolder」
  • 様々なスニペットがまとめられたサイト「LittleSnippets.net」
  • CSSで出力できるドット絵ジェネレーター「Pixel Art to CSS」
  • センスが磨ける?Webデザイナー向けのクイズ・ゲームサイト
  • 【jQuery】サイドバーをスライドで表示できるSimple Sidebar
  • パーツを組み合わせるだけで簡単にHTMLを生成できる「Stitches」
RECENT POSTS
  • 配色を決める時に役立つカラーパレット22選
  • 無料で使えるハロウィンデザイン・イラスト素材サイト
  • ロゴデザインの参考になるロゴギャラリーサイト16選
  • バナー広告デザインの参考にしたいギャラリーサイト8選
PICKUP
  • 無料で使用できる海外のフリー写真素材サイトまとめ
  • 【無料】おすすめのフリー画像・写真素材サイト10選【商用利用可】
  • 【2020年版】WordPressおすすめレンタルサーバー6選 -初心者向け-
  • CSSで簡単に作れるおしゃれな見出しデザイン20選