PhotoShopで新聞の写真風ドットスタイルに画像を加工する

 

PhotoShopにてカラーモードとフィルタの2通りでハーフトーン(網点)に加工する方法です。また、ドットという感じではないですがフィルターギャラリーにあるハーフトーンパターンでも似たような加工をすることもできます。

使用OS:Windows7 使用アプリ:Adobe PhotoShop CC 2014





1

モノクロ2階調でハーフトーンを適用する

加工したい画像を開きイメージ>モード>グレースケールを選択して画像をモノクロにします。

次にイメージ>モード>モノクロ2階調を選択します。モノクロ2階調のダイヤログで種類:ハーフトーンスクリーンを選択し「OK」ボタンをクリックします。解像度の出力は入力値と同様で問題ないと思います。

ハーフトーンスクリーンのダイヤログで線数:85・角度:45・網点形状:円と入力し「OK」ボタンをクリックして完了です。線数の数値についてはドットの大きさになりますので、数値で調整してください。

線数について

「線数」にスクリーン線数を入力し、単位を選択します。「line/inch」の場合は 1.000 ~ 999.999 の数値を入力し、「line/cm」の場合は 0.400 ~ 400.00 の数値を入力します。小数値も入力できます。スクリーン線数により、ハーフトーンスクリーンの線数(lpi)が決まります。スクリーン線数は、使用する紙質や印刷機の種類によって異なります。新聞では、通常 85 のスクリーン線数を使用します。

下図が完成品となります。ハーフトーンスクリーンの網点形状を変更することで菱形・楕円・ライン・四角・クロスの加工をすることもできます。



2

カラーハーフトーンでハーフトーンを適用する

加工したい画像を開きイメージ>モード>グレースケールを選択して画像をモノクロにします。
横幅1400px × 縦幅950pxの画像で加工を行います。

次にフィルター>ピクセレート>カラーハーフパターンを選択します。カラーハーフトーンのダイヤログで最大半径:4・チャンネル1~4:45と入力し「OK」ボタンをクリックして完了です。最大半径(ドットの大きさ)の最小値が4ピクセルなので、適用する画像は大きめの方が調整が利きます。

下図が完成品となります。この画像は横幅1400px × 縦幅950pxで加工し、ニアレストネイバー法で解像度を1/2にしたイメージになります。


  • Photoshopで画像にモザイクやぼかしを入れる方法
  • 【無料】Photoshopの代用になる画像編集・加工ツール7選
  • Photoshopで簡単に背景を伸ばすテクニック
  • Photoshopで画像を切り抜くテクニック【初心者向け】
  • Photoshopで斜めになった写真を補正する方法
RELATED POSTS
  • 画像の人物を自動で切り抜きしてくれるWebサービス「remove.bg」
  • PSDファイルをSketchファイルに変換する「PSD to Sketch Design Converter」
  • Photoshopで使用できる”水彩系”ブラシ15選
  • Photoshopで画像を切り抜くテクニック【初心者向け】
  • Photoshopのブラシを追加する方法
  • 【無料】Photoshopの代用になる画像編集・加工ツール7選
RECENT POSTS
  • 背景や区切り線などを簡単に装飾できるCSSライブラリ「pattern.css」
  • セクションの区切りをデザインできる「CSS Section Separator Generator」
  • 動画やアニメーションgifの背景を自動で消去してくれる「Unscreen」
  • ポップなイラストをダウンロードできる「Download 80 free illustrations」
PICKUP
  • CSSで作成する吹き出しとデザインのアイデア
  • WordPressにおすすめレンタルサーバー8選【初心者向け】
  • hulu (フールー)で観れるおすすめの海外ドラマ・国内ドラマ【2020年3月版】
  • WordPressのおすすめテーマ19選【無料版・有料版】