Photoshopのブラシを追加する方法

 

Photoshopのブラシをネットで探してみると様々なタイプのブラシが見つかります。筆系のブラシから、雨・カミナリ・煙・キラキラ・かすれといったブラシまでPhotoshop標準で入っているブラシでは表現できないものも多くあり、ダウンロードして使用する方も多いのではないでしょうか。

今回はブラシ(abrファイル)はダウンロードしたはいいけど、追加方法が分からないとなった時のため、Photoshopブラシの追加方法を忘備録もかねて紹介します。

使用OS:Windows10 使用アプリ:Adobe PhotoShop CC 2018


Photo by Maria Fernanda Gonzalez on Unsplash

Photoshopブラシの追加方法


ブラシ(abrファイル)をダウンロードし用意できたら、Photoshopの ブラシツールを選択し、上部オプションメニューのブラシアイコンをクリックします。次に右上にある 歯車ボタンをクリックし「ブラシを読み込む」をクリックします。あとは読み込みたいabrファイルを選択してブラシを追加します。

ブラシの追加はプリセットマネジャーからも行えます。同様に、上部オプションメニューのブラシアイコンから、右上にある 歯車ボタンをクリックし「プリセットマネージャー」をクリックします。

プリセットマネージャーではブラシの管理を行います。「読み込み」のほかにブラシの「削除」や、よく使うブラシを複数選択し「セットを保存」「新規グループ(グループ化)」をすることができます。

では何処でブラシをダウンロードすればよいのしょうか。
まずは、Adobeにて提供している特製ブラシをオススメします。イラストレーターKyle T. Webster氏が作成した1,000種類を超えるブラシからタイプ別にブラシをダウンロードすることができます。

海外サイトなどでブラシをダウンロードできるサイトも多いので、いろいろ試してみたいものです。以上、Photoshopのブラシを追加する方法でした。


  • Photoshopで使用できる”水彩系”ブラシ15選
  • Photoshopで使用できる”キラキラ系”ブラシ10選
RELATED POSTS
  • Photoshopで簡単に背景を伸ばすテクニック
  • Photoshopで使用できる”水彩系”ブラシ15選
  • PhotoShopで新聞の写真風ドットスタイルに画像を加工する
  • 画像の人物を自動で切り抜きしてくれるWebサービス「remove.bg」
  • Photoshopで画像にモザイクやぼかしを入れる方法
  • PSDファイルをSketchファイルに変換する「PSD to Sketch Design Converter」
RECENT POSTS
  • 背景や区切り線などを簡単に装飾できるCSSライブラリ「pattern.css」
  • セクションの区切りをデザインできる「CSS Section Separator Generator」
  • 動画やアニメーションgifの背景を自動で消去してくれる「Unscreen」
  • ポップなイラストをダウンロードできる「Download 80 free illustrations」
PICKUP
  • 無料で使用できる海外のフリー写真素材サイトまとめ
  • WordPressにおすすめレンタルサーバー8選【初心者向け】
  • hulu (フールー)で観れるおすすめの海外ドラマ・国内ドラマ【2020年3月版】
  • 無料で使えるおしゃれな英語の筆記体フリーフォント20選