【jQuery】レスポンシブ対応のスライダー「Glide.js」

 
CSS3を使って作られたスワイプにも対応したスライダーです。ブラウザサイズを変更しても横幅100%のイメージが可変し、レイアウトが崩れずれる事がないのでレスポンシブで制作する際、メインビジュアルなどで重宝しそうです。オプションも豊富に用意されているので使ってみたいプラグインです。

Glide.js

Githubに公開されてますのでファイル一式をダウンロードしてください。

使い方はjqueryとダウンロードした「jquery.glide.js」を<head></head>に読み込ませます。

Java File
<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.9.1.min.js"></script>
<script src="jquery.glide.js"></script>

同様にダウンロードしたファイル一式に同梱されている「style.css」も読み込ませます。

CSS File
<link rel="stylesheet" href="css/style.css">

あとは以下のようにhtmlの記述とjavaで適用する要素とオプションを設定します。

html
<div class="slider">
  <ul class="slider__wrapper">
    <li class="slider__item"></li>
    <li class="slider__item"></li>
    <li class="slider__item"></li>
  </ul>
</div>
Java
<script>
    $('.slider').glide();
</script>

オプションについてはGithubに詳細が記載されてます。


  • 【jQuery】スクロールに合わせて要素を切り替える「Midnight.js」
  • 【jQuery】プレースホルダにアニメーションを実装できる「FoxHolder」
  • 【jQuery】レスポンシブ・フレキシブルなモーダルウィンドウ「iziModal.js」
  • 【jQuery】レスポンシブ対応のタブを実装できる「GridTab」
  • 【jQuery】リアルな波紋を再現するプラグイン「jQuery Ripple」
RELATED POSTS
  • 無料で使用できる!450種類以上のラインアイコン「LineIcons」
  • Youtubeの埋め込み動画をレスポンシブに対応させる方法
  • 【jQuery】要素をふわふわ動かすプラグイン「jqFloat.js」
  • 無料で簡単にホームページを作成できる「Wix」の使い方とレビュー
  • 2択のUIデザインから正しいデザインを選択していくゲーム「Can’t Unsee」
  • CSSで指定できるカーソルをパッと確認できる「CSS Cursor」
RECENT POSTS
  • 背景や区切り線などを簡単に装飾できるCSSライブラリ「pattern.css」
  • セクションの区切りをデザインできる「CSS Section Separator Generator」
  • 動画やアニメーションgifの背景を自動で消去してくれる「Unscreen」
  • ポップなイラストをダウンロードできる「Download 80 free illustrations」
  • hulu (フールー)で観れるおすすめの海外ドラマ・国内ドラマ【2020年3月版】
  • パーツを組み合わせてイラストを作成できる「Open Peeps」
  • 無料で使用できるポップなフリーイラスト「illlustrations」
  • 宮崎県小林市が提供するお肉のフリー素材サイト「oniku images」