非レスポンシブの要素をレスポンシブ化する「Reframe.js」

iFrameや動画(YOUTUBE/vimeo)などの非レスポンシブ要素をレスポンシブ化してくれる「Reframe.js」が役に立ちそうなので忘備録。動画を貼ることが多いブログなどで重宝しそう。

Reframe.js



PICK UP
RELATED POSTS
  • 【jQuery】画像のサイズを保持しつつレスポンシブに変化させる「ResponsifyJS」
  • レスポンシブデザインのパターン集「Responsive Patterns」
  • ビューポートなどで要素の可視性を検出できる「Emergence.js」
  • jQueryプラグインをまとめた検索サイト「jQuery Cards」
  • アニメーションで変化するカスタムカーソル「Custom Cursor Effects」
  • モーフィングアニメーションのページ遷移を実装できる「Morphing Page Transition」
POPULAR POSTS
  • 漢字が使えるおすすめの日本語フリーフォントまとめ
  • CSSグラデーションの作成に役立つジェネレーター・Webサービスまとめ
  • hulu (フールー)で観れるおすすめの海外ドラマ・国内ドラマ【2019年9月版】
  • Youtubeの埋め込み動画をレスポンシブに対応させる方法
  • 無料で使えるおしゃれな英語の筆記体フリーフォントまとめ
RECENT POSTS
  • hulu (フールー)で観れるおすすめの海外ドラマ・国内ドラマ【2019年9月版】
  • プライス・値段表示などに使えそうな英数字フォント13選
  • 無料で使えるレトロ・ヴィンテージな雰囲気の英語フォントまとめ
  • Photoshopで簡単に背景を伸ばすテクニック
  • CSSで作成する吹き出しとデザインのアイデア