非レスポンシブの要素をレスポンシブ化する「Reframe.js」

 
iFrameや動画(YOUTUBE/vimeo)などの非レスポンシブ要素をレスポンシブ化してくれる「Reframe.js」が役に立ちそうなので忘備録。動画を貼ることが多いブログなどで重宝しそう。

Reframe.js


  • 音楽に合わせて要素を動かすことができる「Rythm.js」
  • レスポンシブのチェックに役立つサービス「Resizer」
  • 軽快なアニメーションのバーガーメニュー「Ember Burger Menu」
  • クオリティの高いグラフを描画するjsライブラリ「Chart.js」
  • グラデーションのアニメーションを実装できる「Granim.js」
RELATED POSTS
  • CSSで出力できるドット絵ジェネレーター「Pixel Art to CSS」
  • 【CSS】いろんなスタイルのボタンを簡単に実装できる「bttn.css」
  • 【jQuery】画像をハーフトーンに変換するプラグイン「Breathing Halftone」
  • 【jQuery】動画を背景にフルスクリーンで表示させる「covervid.js」
  • 料金表のページをまとめたギャラリーサイト「Pricing Pages」
  • CSSやHTML5・Twiterカードなどのコードを生成できる「Web Code Tools」
POPULAR POSTS
  • 【無料】漢字が使える日本語フリーフォント59選
  • Youtubeの埋め込み動画をレスポンシブに対応させる方法
  • Photoshopで簡単に背景を伸ばすテクニック
  • CSSで簡単に作れるおしゃれな見出しデザイン20選
  • 似たフォントを探したい!フォントを調べる時に役に立つツール・サイト10選
RECENT POSTS
  • 背景や区切り線などを簡単に装飾できるCSSライブラリ「pattern.css」
  • セクションの区切りをデザインできる「CSS Section Separator Generator」
  • 動画やアニメーションgifの背景を自動で消去してくれる「Unscreen」
  • ポップなイラストをダウンロードできる「Download 80 free illustrations」
  • hulu (フールー)で観れるおすすめの海外ドラマ・国内ドラマ【2020年3月版】