非レスポンシブの要素をレスポンシブ化する「Reframe.js」

 
iFrameや動画(YOUTUBE/vimeo)などの非レスポンシブ要素をレスポンシブ化してくれる「Reframe.js」が役に立ちそうなので忘備録。動画を貼ることが多いブログなどで重宝しそう。

Reframe.js



  • レスポンシブのチェックに役立つサービス「Resizer」
  • ブロック要素をドラッグできるグリッドレイアウト「Muuri」
  • 背景にスクロールアニメーションを実装できる「Physics-Based Background Scroll Effects」
  • 様々なチャートを生成できるライブラリ「TOAST UI Chart」
  • 【jQuery】画像のサイズを保持しつつレスポンシブに変化させる「ResponsifyJS」
RELATED POSTS
  • ビューポートなどで要素の可視性を検出できる「Emergence.js」
  • CSSでスマートフォンなどデバイスのモックアップを実装できる「Devices.css」
  • モーフィングアニメーションのページ遷移を実装できる「Morphing Page Transition」
  • 日本の契約書のためのCSSライブラリ「Keiyaku CSS」
  • Google Mapのスタイルテンプレート「Snazzy Maps」
  • きれいなエフェクトの検索フォームUI「Inspiration for Search UI Effects」
RECENT POSTS
  • 【2021年版】Google Fontsの使い方とおすすめ日本語フォント
  • 【2021年版】無料で使えるフリー動画素材サイト10選
  • 【2021年版】無料で使えるフリーイラスト素材サイト33選(商用利用可)
  • 無料で使えるフリーアイコン素材サイト15選
PICKUP
  • CSSで作成する吹き出しとデザインのアイデア
  • 【2020年版】WordPressおすすめレンタルサーバー6選 -初心者向け-
  • Photoshopで画像を切り抜くテクニック【初心者向け】
  • 導入しておきたいWordPressのおすすめプラグイン