input要素への入力を制御できるスクリプト「Cleave.js」

クレジットカードの自動認識・電話番号・日付など、input要素の入力サポートをしてくれる「Cleave.js」が便利そうなので忘備録。入力項目が多いフォームを制作する時はこういったライブラリを活用したいものです。 ライセンスはApache 2.0。

Cleave.js



PICK UP
RELATED POSTS
  • 2択のUIデザインから正しいデザインを選択していくゲーム「Can’t Unsee」
  • Youtubeの埋め込み動画をレスポンシブに対応させる方法
  • 軽快なアニメーションのバーガーメニュー「Ember Burger Menu」
  • 【jQuery】レスポンシブ・フレキシブルなモーダルウィンドウ「iziModal.js」
  • 【jQuery】Youtubeがウィンドウ内に表示されたタイミングで再生させるプラグイン
  • 【CSS】スターウォーズのイントロを表現できるライブラリ「starwarsintro.css」
POPULAR POSTS
  • 長いURLを短くするオススメの短縮URLサービス
  • 漢字が使えるおすすめの日本語フリーフォントまとめ
  • 無料で使えるおしゃれな英語の筆記体フリーフォントまとめ
  • CSSで実装するボタンデザインとホバーエフェクトのアイデア
  • フォントを調べる時に役に立つサービス・サイトまとめ
RECENT POSTS
  • プライス・値段表示などに使えそうな英数字フォント13選
  • hulu (フールー)で観れるおすすめの海外ドラマ・国内ドラマ【2019年5月版】
  • 無料で使えるレトロ・ヴィンテージな雰囲気の英語フォントまとめ
  • Photoshopで簡単に背景を伸ばすテクニック
  • CSSで作成する吹き出しとデザインのアイデア