input要素への入力を制御できるスクリプト「Cleave.js」

 
クレジットカードの自動認識・電話番号・日付など、input要素の入力サポートをしてくれる「Cleave.js」が便利そうなので忘備録。入力項目が多いフォームを制作する時はこういったライブラリを活用したいものです。 ライセンスはApache 2.0。

Cleave.js


  • あると便利なスクロールアニメーションライブラリ11選
  • 手書き風SVGアニメーションを簡単に実装できる「vivus.js」
  • ブロック要素をドラッグできるグリッドレイアウト「Muuri」
  • 入力フォームを実装するためのテンプレート「Boilerform」
  • リアルな水滴を表現できる「Rain & Water Effect Experiments」
RELATED POSTS
  • アプリ・Web制作で必要な要素をチェックできる「Checklist Design」
  • 料金表のページをまとめたギャラリーサイト「Pricing Pages」
  • 【jQuery】リアルな波紋を再現するプラグイン「jQuery Ripple」
  • 【jQuery】ロールオーバー時にテキストをシャッフルさせる「chaffle.js」
  • CSSで実装するローディングアニメーション「Single Element CSS Spinners」
  • 【jQuery】ページ移動時にアニメーション効果をつけられるAnimsition
RECENT POSTS
  • 背景や区切り線などを簡単に装飾できるCSSライブラリ「pattern.css」
  • セクションの区切りをデザインできる「CSS Section Separator Generator」
  • 動画やアニメーションgifの背景を自動で消去してくれる「Unscreen」
  • ポップなイラストをダウンロードできる「Download 80 free illustrations」
PICKUP
  • WordPressにおすすめレンタルサーバー8選【初心者向け】
  • 導入しておきたいWordPressのおすすめプラグイン
  • 無料で使用できる海外のフリー写真素材サイトまとめ
  • Photoshopで画像を切り抜くテクニック【初心者向け】