input要素への入力を制御できるスクリプト「Cleave.js」

 
クレジットカードの自動認識・電話番号・日付など、input要素の入力サポートをしてくれる「Cleave.js」が便利そうなので忘備録。入力項目が多いフォームを制作する時はこういったライブラリを活用したいものです。 ライセンスはApache 2.0。

Cleave.js





RELATED POSTS
  • CSSでクールなグリッチエフェクトを実装できる「CSS Glitch Effect」
  • 【JS】要素の切り替え時にアニメーションエフェクトを掛けられる「animateTransition.js」
  • マルチボックスのフルスクリーンメニュー「Multibox Menu」
  • リアルな水滴を表現できる「Rain & Water Effect Experiments」
  • パーツを組み合わせるだけで簡単にHTMLを生成できる「Stitches」
  • 世界の国旗をCSSとdivのみで実装する「CSS Flags」
RECENT POSTS
  • 【2021年版】 無料で使えるフリーイラスト素材サイト36選(商用利用可)
  • バナーデザイン制作で参考になるバナー広告ギャラリーサイト12選
  • 【2021年版】 WordPressのおすすめテーマ17選(無料版/有料版)
  • 【2021年版】 無料で使えるフリー画像・写真素材サイト27選(国内/海外)
POPULAR POSTS
  • 【2021年版】 無料で使えるフリーイラスト素材サイト36選(商用利用可)
  • 【2021年版】漢字が使える日本語フリーフォント80選
  • パーツを組み合わせてイラストを作成できる「Open Peeps」
  • フォントを調べる時に役に立つツール・サイト10選