input要素への入力を制御できるスクリプト「Cleave.js」

 
クレジットカードの自動認識・電話番号・日付など、input要素の入力サポートをしてくれる「Cleave.js」が便利そうなので忘備録。入力項目が多いフォームを制作する時はこういったライブラリを活用したいものです。 ライセンスはApache 2.0。

Cleave.js



  • ビューポートなどで要素の可視性を検出できる「Emergence.js」
  • 手書き風SVGアニメーションを簡単に実装できる「vivus.js」
  • リアルな水滴を表現できる「Rain & Water Effect Experiments」
  • 魅力的なテキストエフェクトを実装できる「Blotter.js」
  • 音楽に合わせて要素を動かすことができる「Rythm.js」
RELATED POSTS
  • セクションの区切りをデザインできる「CSS Section Separator Generator」
  • 【jQuery】背景画像のスライドショーを実装する「Vegas2」
  • 【jQuery】レスポンシブ・フレキシブルなモーダルウィンドウ「iziModal.js」
  • 30秒以内に理解できるCSSスニペットのコレクション「30 Seconds of CSS」
  • キレイな装飾のテキストアニメーション「Decorative Letter Animations」
  • アニメーションが素敵なツールチップ「Playful Little Tooltip Ideas」
RECENT POSTS
  • 無料で使えるフリーアイコン素材サイト15選
  • 配色を決める時に役立つカラーパレット22選
  • 無料で使えるハロウィンデザイン・イラスト素材サイト
  • ロゴデザインの参考になるロゴギャラリーサイト16選
PICKUP
  • 【2020年版】無料で使えるフリーイラスト素材サイト32選(商用利用可)
  • WordPressのおすすめテーマ19選【無料版・有料版】
  • CSSで簡単に作れるおしゃれな見出しデザイン20選
  • Photoshopで画像を切り抜くテクニック【初心者向け】