Photoshopで簡単に背景を伸ばすテクニック

 

Webサイトのメインビジュアルや、ブログ・SNSのヘッダーで使用したい写真の背景を引き伸ばしたい事って結構あると思います。 そんな時はPhotoShopを使用して背景を引き伸ばしましょう。今回はPhotoShop(フォトショップ)で背景を簡単に伸ばすテクニックを紹介します。

使用OS:Windows10 使用アプリ:Adobe PhotoShop CC 2018


Photo by Ryan Walton on Unsplash



1

「コンテンツに応じた塗りつぶし」で背景を伸ばす方法

縦長の写真を正方形にする例になります。まずはイメージ >キャンバスサイズをクリックして、キャンバスの横幅を広げます。 次に 自動選択ツールで引き伸ばしたい箇所を選択し編集 >コンテンツに応じた塗りつぶしをクリックします。

編集画面が表示されたらプレビューを確認しながら塗りつぶし設定で調節を行い、OKボタンをクリックして完了です。

気になる箇所があったら コピースタンプツールなどでレタッチして違和感のない背景にしましょう。



2

「コンテンツに応じて拡大・縮小」で背景を伸ばす方法

被写体を保護しつつ背景を引き伸ばす方法です。まずは イメージ >キャンバスサイズをクリックして、キャンバスの横幅を広げます。次に選択範囲>被写体を選択をクリックし被写体を選択します。

被写体の選択方法は下記記事を参考にしてみてください。

Photoshopで簡単にできる画像の切り抜きテクニック

design.webclips.jp/photoshop-cutout/


次にチャンネルパネルの下部にある「選択範囲をチャンネルとして保存」をクリックしてアルファチャンネルを作成します。名前は「dog」としました。

レイヤーパネルに戻り、引き伸ばすレイヤーを選択して編集 >コンテンツに応じて拡大・縮小をクリックします。上部ツールバーにある保護から先程作成したアルファチャンネル(dog)を選択し、画像を左右に引き伸ばして完了です。

被写体に変化なく背景を引き伸ばすことができました。

背景に木や電柱・ポールなどがある場合は、太くなってしまい不自然になるケースもありますが、アイデア次第ではキレイに背景を伸ばすことができます。以上、Photoshopで簡単に背景を伸ばすテクニックでした。



  • PhotoShopで新聞の写真風ドットスタイルに画像を加工する
  • Photoshopで画像にモザイク・ぼかしを入れる方法
  • Photoshopで画像を切り抜くテクニック【初心者向け】
  • Photoshopで斜めになった写真を補正する方法
  • Photoshopの代用になる無料で使える画像編集・加工ツール
RELATED POSTS
  • Photoshopで使用できる”キラキラ系”ブラシ10選
  • PhotoShopで新聞の写真風ドットスタイルに画像を加工する
  • Photoshopで画像にモザイク・ぼかしを入れる方法
  • PSDファイルをSketchファイルに変換する「PSD to Sketch Design Converter」
  • 画像の人物を自動で切り抜きしてくれるWebツール「remove.bg」
  • Photoshopで使用できる”水彩系”ブラシ15選
RECENT POSTS
  • 配色を決める時に役立つカラーパレット22選
  • 無料で使えるハロウィンデザイン・イラスト素材サイト
  • ロゴデザインの参考になるロゴギャラリーサイト16選
  • バナー広告デザインの参考にしたいギャラリーサイト8選
PICKUP
  • 導入しておきたいWordPressのおすすめプラグイン
  • 無料で使えるおしゃれな英語の筆記体フリーフォント20選
  • Photoshopで画像を切り抜くテクニック【初心者向け】
  • WordPressのおすすめテーマ19選【無料版・有料版】