パーツを組み合わせるだけで簡単にHTMLを生成できる「Stitches」

パーツ・セクションを組み合わせるだけで簡単にHTMLを生成してくれるジェネレーター「Stitches」の紹介です。メインビジュアルからナビゲーション・プライス表まで一般的なWebサイトで多く見られるパーツをラッグするだけで簡単にWebサイトが作成できます。

Stitches

使い方は左側のWebサイトのパーツから好きなパーツを右側のエリアへドラッグしてレイアウトを決めるだけです。

最後にGenerate HTML with Functional CSSをクリックしてHTMLを保存します。↓生成したHTMLのキャプチャーです。

生成したHTMLはtailwind.cssを使用しているので、ある程度カスタマイズも柔軟にできる仕様となっているようです。以上、パーツを組み合わせるだけで簡単にHTMLを生成できる「Stitches」の紹介でした。



PICK UP
RELATED POSTS
  • 【jQuery】背景画像のスライドショーを実装する「Vegas2」
  • ビューポートなどで要素の可視性を検出できる「Emergence.js」
  • グラデーションのアニメーションを実装できる「Granim.js」
  • バーガーメニューなどアニメーションで切り替わるボタンを生成できる「Transformicons」
  • アイコンフォント「FontAwesome」の使い方
  • 500種類以上のアイコンフォントとCSSのツールキット「Fontisto」
POPULAR POSTS
  • 漢字が使えるおすすめの日本語フリーフォントまとめ
  • CSSグラデーションの作成に役立つジェネレーター・Webサービスまとめ
  • hulu (フールー)で観れるおすすめの海外ドラマ・国内ドラマ【2019年9月版】
  • Youtubeの埋め込み動画をレスポンシブに対応させる方法
  • 無料で使えるおしゃれな英語の筆記体フリーフォントまとめ
RECENT POSTS
  • hulu (フールー)で観れるおすすめの海外ドラマ・国内ドラマ【2019年9月版】
  • プライス・値段表示などに使えそうな英数字フォント13選
  • 無料で使えるレトロ・ヴィンテージな雰囲気の英語フォントまとめ
  • Photoshopで簡単に背景を伸ばすテクニック
  • CSSで作成する吹き出しとデザインのアイデア