パーツを組み合わせるだけで簡単にHTMLを生成できる「Stitches」

パーツ・セクションを組み合わせるだけで簡単にHTMLを生成してくれるジェネレーター「Stitches」の紹介です。メインビジュアルからナビゲーション・プライス表まで一般的なWebサイトで多く見られるパーツをラッグするだけで簡単にWebサイトが作成できます。

Stitches

使い方は左側のWebサイトのパーツから好きなパーツを右側のエリアへドラッグしてレイアウトを決めるだけです。

最後にGenerate HTML with Functional CSSをクリックしてHTMLを保存します。↓生成したHTMLのキャプチャーです。

生成したHTMLはtailwind.cssを使用しているので、ある程度カスタマイズも柔軟にできる仕様となっているようです。以上、パーツを組み合わせるだけで簡単にHTMLを生成できる「Stitches」の紹介でした。



PICK UP
RELATED POSTS
  • 【CSS】色々と使える疑似クラス:nth-child()の実用例
  • 【html】文字実体参照を一覧できる「html arrows」
  • 【Webデザイン】Webサイト制作に役立つブックマークレット
  • 【Webデザイン】魅力的な動きをするレスポンシブメニュー
  • SVGボタンに様々なエフェクトを実装できる「Distorted Button Effects」
  • パララックス効果がキレイなスライダー「PIGNOSE ParallaxSlider」
POPULAR POSTS
  • 長いURLを短くするオススメの短縮URLサービス
  • 無料で使えるおしゃれな英語の筆記体フリーフォントまとめ
  • 漢字が使えるおすすめの日本語フリーフォントまとめ
  • hulu (フールー)で観れるおすすめの海外ドラマ・国内ドラマ【2019年7月版】
  • CSSグラデーションの作成に役立つジェネレーター・Webサービスまとめ
RECENT POSTS
  • hulu (フールー)で観れるおすすめの海外ドラマ・国内ドラマ【2019年7月版】
  • プライス・値段表示などに使えそうな英数字フォント13選
  • 無料で使えるレトロ・ヴィンテージな雰囲気の英語フォントまとめ
  • Photoshopで簡単に背景を伸ばすテクニック
  • CSSで作成する吹き出しとデザインのアイデア