パーツを組み合わせるだけで簡単にHTMLを生成できる「Stitches」

 
パーツ・セクションを組み合わせるだけで簡単にHTMLを生成してくれるジェネレーター「Stitches」の紹介です。メインビジュアルからナビゲーション・プライス表まで一般的なWebサイトで多く見られるパーツをラッグするだけで簡単にWebサイトが作成できます。

Stitches

使い方は左側のWebサイトのパーツから好きなパーツを右側のエリアへドラッグしてレイアウトを決めるだけです。

最後にGenerate HTML with Functional CSSをクリックしてHTMLを保存します。↓生成したHTMLのキャプチャーです。

生成したHTMLはtailwind.cssを使用しているので、ある程度カスタマイズも柔軟にできる仕様となっているようです。以上、パーツを組み合わせるだけで簡単にHTMLを生成できる「Stitches」の紹介でした。



  • SVGでダミー画像を生成できるサービス「Placeholder pics」
  • ロゴやイラストの配色パターンをAIが生成してくれる「Color Wheel」
  • パーツを組み合わせ絵文字を作れるジェネレーター「Emoji Builder」
  • デザインの最新トレンドをチェックできるサービス「Panda」
  • 2択のUIデザインから正しいデザインを選択していくゲーム「Can’t Unsee」
RELATED POSTS
  • Webサイトのページ表示速度を測定できる無料サービスまとめ
  • SVGの背景パターンを手軽に作れるジェネレーター「SVG Backgrounds」
  • 【jQuery】テキストカラーをシャッフルさせるjQueryプラグイン「JUMBLE」
  • CSSグラデーションの作成に役立つジェネレーター・Webサービス11選
  • 【jQuery】レスポンシブ・フレキシブルなモーダルウィンドウ「iziModal.js」
  • レスポンシブデザインのパターン集「Responsive Patterns」
RECENT POSTS
  • 【2021年版】 WordPressのおすすめテーマ17選(無料版/有料版)
  • 【2021年版】 無料で使えるフリー画像・写真素材サイト27選(国内/海外)
  • 【2021年版】 Google Fontsの使い方とおすすめ日本語フォント
  • 【2021年版】 無料で使えるフリー動画素材サイト10選
POPULAR POSTS
  • 【2021年版】 無料で使えるフリーイラスト素材サイト33選(商用利用可)
  • 【無料】漢字が使える日本語フリーフォント70選
  • 【2021年版】 Google Fontsの使い方とおすすめ日本語フォント
  • フォントを調べる時に役に立つツール・サイト10選
  • Youtubeの埋め込み動画をレスポンシブに対応させる方法