WordPressのエディタを前のエディタに戻すプラグイン「Classic Editor」

 
WordPress5.0から記事を投稿するエディタが従来のエディタからGutenberg(グーテンベルグ)という、直観的に操作できるエディタに変更されました。時代の流れと言ってしまえばそれまでですが、使い慣れた旧エディタを使いたいユーザーも多いようです。特にエディタをカスタマイズしている方は、Gutenbergになって不便になったという意見も多いようです。今回はWordPressの旧式のエディタが使えるプラグイン「Classic Editor」 を紹介します。


Classic Editorのインストール・有効化

WordPressの管理画面にログインし、左メニュー「プラグイン」から「新規追加」をクリックします。

プラグインページの右上の検索窓に「Classic Editor」と入力し表示されたClassic Editorを「インストール」「有効化」して完了です。

Classic Editorプラグインを有効化後に投稿エディタを見てみると従来の旧エディタに変更されています。また投稿設定からクラシックエディター(Classic Editor)ブロックエディター(Gutenberg)の切り替えができるようになります。


Classic EditorプラグインはWordPress公式のプラグインなので安心して使えますが、サポートは2022年までとアナウンスされています。今後、Gutenberg向けの便利なプラグインも増えていくでしょうし、切り替えるのはまだ先でもいいかも知れませんね。以上、WordPressのエディタを前のエディタに戻すプラグインClassic Editorの紹介でした。



RELATED POSTS
  • 【WordPress】パーマリンクの設定はどうしたらいいんだろ?
  • WordPressのおすすめテーマ19選【無料版・有料版】
  • WordPressにおすすめレンタルサーバー8選【初心者向け】
  • 【WordPress】続きを読むのリンクURLから#moreを削除する
  • 【WordPress】ページナビゲーションを簡単に設置できるWP-PageNavi
  • 導入しておきたいWordPressのおすすめプラグイン
PICKUP
POPULAR POSTS
  • 【無料】漢字が使える日本語フリーフォント59選
  • 似たフォントを探したい!フォントを調べる時に役に立つツール・サイト10選
  • 長いURLを短くする短縮URLサービス8選
  • 無料で使える日本語・英語のかわいいフリーフォント20選
  • 無料で使えるおしゃれな英語の筆記体フリーフォント20選
RECENT POSTS
  • 似たフォントを探したい!フォントを調べる時に役に立つツール・サイト10選
  • Font Awesomeをラインアイコンにしたアイコンセット「Line Awesome」
  • Web制作に役立つ素材をダウンロードできる「Freebies.ByPeople」
  • アイソメトリックなイラストを作成できるオンラインツール「Explore Isobuild」
  • Googleのプログラミング学習ツール「Grasshopper」にデスクトップ版がリリース
TAG LIST
  • Webサービス

    84

  • CSS

    58

  • jQuery

    34

  • 素材

    30

  • エフェクト

    29

  • ジェネレーター

    25

  • JavaScript

    23