無料で簡単にホームページを作成できる「Wix」の使い方とレビュー

 
最近、ホームページ作成ツール「Wix」の動画広告、プロモーション広告をよく見かけます。 ブラウザ上で作成できるホームページ作成ツールは国内外で数あれど、世界180か国で1億人以上のユーザーがいるサービスとなれば、縁遠いと思われるWeb制作に携わる人間も、いったいどこまで出来るサービスなのか気になりますよね。

Wixを利用しているユーザーは個人ホームページを作成したい方や、初期投資を抑え自前のホームページを作りたい、会社を起業・お店を開店したオーナーさんが多いようです。そのほかにもネットショップや、結婚式やパーティーなどのイベント集客ページとして利用しているユーザーもいるようです。

今回は、ホームページ制作の知識がなくてもブラウザ上の操作で簡単にホームページが作成できるホームページ作成ツール「Wix」の登録方法から簡単な使い方まで紹介します。




Wixとは?



WixはHTML、CSS、JavaScriptなどのWEB制作スキルが必要なくても、直感的な操作で簡単にホームページを作成できる「ホームページ作成ツール」です。 500種類以上のテンプレートが用意されており、目的にあったホームページのテンプレートを選択することができます。また、写真ギャラリー、ネットショップ、お問い合わせフォーム、 Googleマップ、SNSボタンなど、200以上の機能を自由に追加することができます。

無料で利用できるの?

無料で利用することはできますが、ページ上部にwixの広告が表示されます。 また、無料プランの場合のドメインは以下のようになります。

https://ユーザー名.wixsite.com/サイト名

独自ドメインは設定できるの?

独自ドメインで利用したい場合は、プレミアム(有料プラン)を申し込む必要があります。ドメインに関してはWixから独自ドメインを取得したり、他社(お名前com・ムームードメインなど)で取得済みのドメインをWixに設定することも可能です。

プレミアムプランの料金設定は?

Wixでのプレミアム(有料プラン)では、用途に合わせ各料金プランが設定されてます。

2018年6月現在の価格設定となります。海外のサービスは為替などの影響で料金が変動する場合があるので最新の情報はWixホームページにてご確認下さい。


Wixの使い方



登録方法

WixのWebサイトにアクセスし、中央の「今すぐはじめる」か右上の「ログイン/新規登録」をクリックします。

ログインページが表示されたら「無料新規登録はこちら」をクリックして新規登録ページへ移動します。 新規登録ページよりメールアドレス・パスワードを入力し「新規登録」をクリックして 無料新規登録は完了です。
FacebookかGoogleのアカウントをお持ちの方は連携させることで簡単にアカウントを作成できます。

無料新規登録完了後に「どんなホームページを作成しますか?」と表示されるので目的のホームページのカテゴリを選択します。選択したカテゴリーのテンプレート一覧が表示されるので、好みに応じたテンプレートを選択してください。

じっくりとテンプレートを選びたい場合は、ここでテンプレートを選択しなくても問題ありません。

編集から公開までの流れ

まずは500種類以上のテンプレートから好みのテンプレートを選択しましょう。 ヘッダー左上のPC・スマホのアイコンをクリックするとPCでのサイトイメージとスマホでのサイトイメージが表示されます。

テンプレートは後から大幅に変更しようとするとかなりの労力が必要となりますので、デザインや、ページ構成・ページ遷移など、想定しているサイトに近いテンプレートを見つけるよう心掛けましょう。

テンプレートが決まったら編集をクリックして編集ページに移動します。下図インターフェイスのヘッダメニュー・左側の挿入ツール・右側のエディタツールを使用し画像・機能の追加や編集を行います。
編集の操作については、ホームページの知識・スキルがなくてもoffice(word ・excel ・powerpoint)を使用したことがあれば、難なく操作できるといった印象です。

テンプレートの画像の差し替えや、テキストの編集は画像またはテキストをクリックすると編集することができます。テキストを編集する場合は「テキスト編集」をクリックし、表示されたテキスト設定からフォントの種類や、文字サイズを編集することができます。

Wixの日本語フォントは、MSゴシック・MS Pゴシック・MS明朝・MS P明朝・メイリオの5種類でWindowsのシステムフォントしか用意されていません。

編集を行いホームページを公開できる状態になったらヘッダーメニュー右上にある「公開」をクリックしホームページを公開しましょう。

デザイン性の高いテンプレートが揃っているので、イメージの差し替え・テキストの編集だけでも見栄えのよいホームページを作成することができます。
日本語での電話サポートはありませんが、Wixヘルプセンターはかなりのボリュームになってるので、分からない事があればWixヘルプセンターで解決できそうです。

日本語フォントが少ない点や、インターネット環境によって編集時の反応が重くなったりする点など、不便さは若干ありますが、UIもキレイで使いやすいWebツールでした。

調べてみるとWix専門の制作会社もあるようですし、サービスの規模からみても今後、注目したいサービスの1つです。無料プランから利用できるので興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。




  • 【Webデザイン】Webサイト制作に役立つブックマークレット
  • SVGの背景パターンを手軽に作れるジェネレーター「SVG Backgrounds」
  • CSSで指定できるカーソルをパッと確認できる「CSS Cursor」
  • 2択のUIデザインから正しいデザインを選択していくゲーム「Can’t Unsee」
  • Web上で差分が確認できるテキスト比較ツール「difff」
RELATED POSTS
  • 初心者から学べる無料プログラミング学習サイト8選
  • リアルな水滴を表現できる「Rain & Water Effect Experiments」
  • イメージを見ながら学べるCSS GRIDのチートシート「GRID」
  • CSSグリッドレイアウトのコードを生成できるツール「Griddy」
  • SVGで作成されたローディングアイコンセット「SVG Loaders」
  • 様々なエフェクトを実装できるパーティクルエンジン「Proton」
RECENT POSTS
  • ロゴ作成が簡単にできるロゴジェネレーター12選【無料・低価格】
  • 長いURLを短くするおすすめの短縮URLサービス8選
  • 【2020年版】Photoshopのブラシを追加する方法
  • Photoshopの代用になる無料で使える画像編集・加工ツール
PICKUP
  • WordPressのおすすめテーマ19選【無料版・有料版】
  • 【無料】おすすめのフリー画像・写真素材サイト10選【商用利用可】
  • CSSで実装するボタンデザインとホバーエフェクトのアイデア
  • 導入しておきたいWordPressのおすすめプラグイン